プチフリバスター(Vista版)β版配布開始

0
    Windows Vista Ultimate

    VISTA版のβ版を配布開始した。一ヶ月の試用期間を設定している。
     本ソフトは、とくに問題レポートがなければ、あと一つマイナーチェンジを行い出荷の予定だ。
     現行の版は、ACPI(節電関連の機能を司る)ドライバがきちんとインストールして動作していないと不安定になる。

     マニュアルに記載しているが、ディスク(つまりSSD)の省で電力設定はOFFにして使用して欲しい。


     本ソフトのβ版は次のページにて配布している。

    プチフリバスター
    ---> プチフリバスター製品紹介ページ

    コメント
    KyonKyonさん、こんばんは。

    VISTA β版の開発・QAお疲れ様です。

    早速、試用させていただこうと思いますが、サービスパック1 のアンケートページと
    同じURLになっているように思いますのでご確認お願いいたします。

    また、7版の進捗は如何でしょうか?
    • RF
    • 2009/10/13 4:41 PM
     RFさんこんばんわ。
    URLを間違えていました。いま、治しておきました。

     7版は熟考中。。。VISTAと7は共用とのこと、、、VISTA用はそのまま7で使えるはずなんですが、、、

     実際には、VISTA->7で再び互換性が崩れているようです。

     あるいは、、、RC版のためマザーボードにOSが完全に適合しているか見えないところです(正式セットが現在入手できない)。

     現在、仕様が崩れている箇所を調査中です。問題は、、、問題を起こす場所は判っているんですが、、、代替方法、どう変化したから今は判らないです。
    • KyonKyon
    • 2009/10/13 5:58 PM
     あるいは、、、7と7用のチップセットドライバをインストールすれば、VISTA版で問題なく動作する可能性も捨てきれないんですが、、、ラボの環境で7用のβドライバを入れるとクラッシュするという問題が起きています。なかなか、うかつな発表をできない状態です。
    • KyonKyon
    • 2009/10/13 6:00 PM
    こんばんは、早速のご対応ありがとうございました。

    無事DL出来ましたので、これから使用開始いたします。

    7の件は難しいですね。RTM版なら状況が違うのかとも思いますが。。。
    原因が早期に解明出来ると良いですね・・・

    RF
    • RF
    • 2009/10/13 6:52 PM
    >ラボの環境で7用のβドライバを入れるとクラッシュするという問題が起きています。

     このβドライバは、インテルが配布しているチップセットドライバです。
     7RCに7用のメーカ製ドライバを入れるとクラッシュするという嫌な状況です。
    • KyonKyon
    • 2009/10/13 7:17 PM
    KyonKyonさん、おはようございます。

    RamPhantomのアンインストを忘れ、Regist.exe起動時にトラブりましたが、無事稼働しております。

    ThinkPad X300 RAM:4G SAMSUNG MCCOE64G8MPP-0VA 64GBですが、時々ポインタが追従しない問題が解消しました。

    自己責任ですが、RamPhantom7 32 LE V1.0.0も後から再インストールすることで今のところ管理外メモリが使えています。未だ使い始めたところですがともに問題ないようです。

    早期に、GM宣言できるとよいですね。

    尚、管理者権限起動の件は、ショートカットの互換性タブで特権レベル「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れれば手間いらずの様です。

    人柱ついでに、7(RC)にもインストールしてみようかとも思っていますが思案中です。
    • RF
    • 2009/10/14 9:53 AM
     RFさんこんにちわ。
     テストありがとうございます。

     VISTA版はインストーラに改善の余地がありますが、GMに限りなく近いと見ています。

     当初、7/VISTA共用の予定でしたが、7はさらに繊細になっているようなので、一つづつ外堀を埋める戦術に切り替えました。

     現状では、新規に7用とする方向です。
    • KyonKyon
    • 2009/10/14 2:17 PM
    うほっほうほっほ!!早い早い!!
    ビンビンビン・・・おじさん若返りました?

    さて、冗談はさておき・・・
    WillcomD4のSSD版にインストールしました。
    メインメモリーは1GB固定なのですが、とても快調です。
    但し、エラーMSGが出てしまいます。
    『レジストリキーの作成あるいはオープンでエラー発生:エラーコード5』です。
    アプリの有効化のチェックが保存されずに
    外れてしまいます。
    チェックが外れていても体感的には、PFBが機能しているように感じます。
    謎です!
    • いまちゃん
    • 2009/10/14 5:58 PM
    ボンミス・・・御勘弁!
    「管理者」で動かせば問題なしです。

    とても快適です。

    但し、WindowsUPDATEが自動で使えないのは、ちょっと不便です。
    • いまちゃん
    • 2009/10/14 8:22 PM
    いまちゃん(敬称略)
    >チェックが外れていても体感的には、PFBが機能しているように感じます。

     確かに謎ですねえ。。。
    チェックが外れてもまったく何もしていない訳ではないですが、、、賢い事はなにもしていません。。。

     ディスクキャッシュはしていなくても、調停、、、つまり、、、ディスクに一つづつ処理を流すメカニズムが作動しているせいではないでしょうかねえ。。。

     自動更新は現在様子見ですねえ。。。7が先という状況です。
    • KyonKyon
    • 2009/10/15 10:24 AM
    SourceNEXTのアンチウイルスソフトとの相性がよくありません。
    起動遅延180秒でも捕まります。

    でもって、現在の利用方法は、VISTAを完全に起動した後に、
    PFBの設定アプリの有効をチェックして、OKを押します。
    設定の変更は、次回の起動からなんですが、・・・・・・
    直後からプチフリが解消されている動きの良さなんです。

    そして、VISTA終了前には、有効のチェックを外しておく。
    外すのを忘れると次回の起動時に『本格フリーズ』してしまい、
    セーフモードで対処するはめになります。
    アンチウイルスソフトを変えなきゃいけないのかな?
    お勧めの相性の良いアンチウイルスソフトは、どれでしょうか?
    • いまちゃん
    • 2009/10/15 11:01 AM
    いまちゃん様

    まず、D4のクリーンな状態でプチフリバスターをテストされた方が良いかもしれません。

    UMPCには数々の特殊機構が備わっており、アンチウィルスソフトの影響では無いかもしれないからです。(容疑者の一人かもしれませんが、真犯人が他にいるのかもしれません。わかっていることは、まだ犯人がわからないことだけです)

    なお、アンチウィルスソフトですが、弊社ではモバイル用途では、起動速度、常駐速度、性能、それから弊社ソフトとの相性をトータルで判断して、キャノンさんのESETかNOD32を薦めています。カスペルスキーさんも優れています。

    毎年、各社さまの製品をためさせていただいてますが、ここ3年はESET(NOD32)が圧倒的な性能で
    す。


    以上、お役になりましたら幸いです。
    • 電机執事
    • 2009/10/15 2:21 PM
    いろいろとアドバイスありがとうございます。
    私なりの回避策的な使用方法でもPFB(VISTA)は効果を発揮してくれておりますので、
    製品版の発売の折には是非とも購入したいと思います。

    さて、クリーンインストールのお勧めですが・・・・・・確かにそうなんですが・・・・・・
    自分なりの便利な環境にカスタマイズして日々活躍しているマシンですので、
    クリーンインストール化は、なかなか踏み出せません。
    いっそのこと、データクラッシュでもしてくれれば諦めもつくのですが・・・
    クラッシュされては困るし・・・

    SSDの無料貸し出しでもあれば、喜んで実験してみたいですけどね・・・

    また、何か気付いたことがあれば御報告致します。

    ではでは・・・


    • いまちゃん
    • 2009/10/15 5:41 PM
    初めまして。

    vista環境でテストを考えているのですが
    64bit版に対応しているのでしょうか?

    もし対応していないのであれば、
    今後、対応する予定はありますか?
    • 2009/10/17 7:34 PM
     秋さんこんにちわ。

     残念、、、現在は、32ビット版だけです。。。
     64ビット版は現行βが製品化した時点で着手予定です。
    • KyonKyon
    • 2009/10/18 2:42 PM
     補足すると64ビット版は、32ビット版とプログラムのソース(設計図)は同一で、出荷オプションで32か64を選択して特化させる形式を取ります。従い、工数はテスト工数だけとなります。。。よほどの事がなければですが。
    • KyonKyon
    • 2009/10/18 2:44 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM