HP Slate 2 Tablet PC 増設と高速化の実験とレビュー

0
     HP Slate 2 Tablet PC レビュー 分解, HP スレート2
    HP Slate 2 Tablet PC登場。スレート2はWindows型タブレットPCの真打だろうか?・・・690g実に軽い軽いライト級マシンだ。さっそくレビューしよう。
    PR
    ★★★最強のタブレットPCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ
    PR

    ---- Index / あるいは執筆予定 ----
    1.ファーストインプレッション
    2.内蔵ディスクの増設・SDHC/SDXCカードのハードディスク化
    3.CrystalDiskmarkによるベンチマークテスト
    4.CrystalMark2004R3によるベンチマークテスト
    X.禁断の分解編(緊急Up)
    5.pc-wizard_2012によるベンチマークテスト
    ---------------------------------

     Acer ICONIA TAB W500, MSI WindPad 110Wに続き、HP Slate 2 Tablet PCを評価する。

     および本機はSSD搭載マシンだ。筆者のジンクスでは
    SSD機は購入当初動きが遅い。使っているうちに高速化するというのがある。気のせいか本機も購入当日すごくモッサリ遅く、使っているうちに速くなったように感じた事を付記しておく。

    1.ファーストインプレッション

    HP Slate 2 Tablet PC略してスレート2は現在HPの通販サイトでのみ購入できるようである。法人用となっているが個人でも購入できる。

     微妙な立ち位置であることが窺える。

    HP Slate 2 Tablet PC 梱包
    [クリックで拡大]

     通販で購入したところ。ヤマト便で配達。
    ダンボールには直接保証書が添付している。


    HP Slate 2 Tablet PC 内容物
    [クリックで拡大]

     ダンボールを開けたら驚いた。
    そのまま商品が入っている。アメリカンである。
    これがMSIとかだとダンボールを開けると、中に製品用の化粧箱が入っている。日系企業もそうだろう。


    HP Slate 2 Tablet PC 内容物
    [クリックで拡大]

     内容物を展開したところ。左からケース、マニュアル、DVD2枚、電源、本体となる・・・タッチペンは発注した覚えはないのだが付属していた。購入時間違えてクリックしたのかもしれない。

     しかし・・・この時点でとにかく驚いた・・・Windows型タブレットの真打というのがファーストインプレッションだ。

    HP Slate 2 Tablet PC, WindPad 110W 大きさ比較
    [クリックで拡大]

     まあ見て欲しい。
    左がMSIのWindPad110W。右がスレート2だ。
    2廻り小さい。690gは伊達ではない。ちなみに110Wが860gだ。


    HP Slate 2 Tablet PC, WindPad 110W 大きさ比較
    [クリックで拡大]

     重ねたところ。如何に小さいか判る。

    HP Slate 2 Tablet PC, WindPad 110W 大きさ比較
    [クリックで拡大]

     厚さの比較。
    厚さはだいたい同じだ。視覚的にはスレート2の方がガッチリ厚くみえる。側面が流線型処理しているためWindPadが薄く感じるがだいたい同じだ。

    HP Slate 2 Tablet PC 電源 ACアダプタ
    [クリックで拡大]

     ガーン・・・これがACアダプタだ。嫌な予感が走る。
    PC側の端子に傾注。HDMIに酷似した形状だ。ドッキングステーションと兼用コネクタだ。

     AC側は三口メガネになっている・・・

    HP Slate 2 Tablet PC 電源 ACアダプタ
    [クリックで拡大]

     三口メガネを付けた所・・・う〜〜ん・・・(汗)

    HP Slate 2 Tablet PC 電源 ACアダプタ
    [クリックで拡大]

     圧巻はこれである。
    本機はもともとドッキングステーションとセットで販売する計画だったのではないだろうか。それを途中でローコスト化のためにドッキングステーションを省いた。替わりに廉価なACアダプタを付けた。これより上下逆転しないとトレーに置けない構成になる。

    HP Slate 2 Tablet PC 上面画像
    [クリックで拡大]

     スレート2の上メンズだ。左からホームボタン・・・これは何だろうか?・・・キーボードの普段使わない[Home]キーと思う。これは気が利いている。長いホームページをフリックで底まで行く、トップに行くのはシンドイのだ。こういう時、キーボードの[Home]と[End]が使えると非常に快適だ。

    TK-FBP018 Android対応Bluetooth® 折りたたみキーボード
    これはモバイル用のキーボードに繋ぐと本当に便利なボタンなのである。ホームページそのものがフリックに最適化されていないのである。

     そして、次にCTRL+ALT+DELキーだ。あれれ・・・
    暗雲が立ち込める。。。タスクマネージャなどCTRL+ALT+DEL
    キーは便利なのだが・・・暗雲が立ち込める。

     筆者も後から知ったのだが、Windowsはタスクトレーの空き領域をタッチすると2ストロークでタスクマネージャを起動できる。どうも、そのあたりを知らないで設計したのではないかという予感がする。

     次にUSBが中央に居る。右端が音量調整用のボリュームスイッチだ。
    HP Slate 2 Tablet PC 底面画像
    [クリックで拡大]

     底面にはドッキングステーションのみコネクタが存在する。

    HP Slate 2 Tablet PC 左辺画像
    [クリックで拡大]

     さて左端だ。内蔵マイク、キーボードボタン、SDカードスロットと続く。キーボードボタンとは何だろうか?・・・おそらくソフトウェアキーボードをワンタッチで表示するボタンだと思われる。

     CTRL+ALT+DELキーでもそうなのだが、考えていることは判るのだが。。。

    HP Slate 2 Tablet PC 右辺画像
    [クリックで拡大]

     右端にはヘッドホン端子と電源スイッチが付いている。

    HP Slate 2 Tablet PC べろ
    [クリックで拡大]

     これはなんだろう。。。SIMカードスロットかと筐体底部のフタを開けたらWindowsのライセンスシールが出てきた。妙に芸が細かい。

    HP Slate 2 Tablet PC タッチペン
    [クリックで拡大]

      タッチペン。
     もしこれがアップルならば考えられなかっただろう。
    故スティーブ・ジョブスであればペンの企画者をクビにしたと思う。。。私は逆に評価する。やはりペンは使いやすい。指でフリックというのはお手軽だが限界がある。

     知人がいち早くiPadを購入したが速攻でサードベンダーのペンを購入してセットで持ち歩いていた。

     やはり何かと便利なのだ。

    HP Slate 2 Tablet PC タッチペン
    [クリックで拡大]

     開封して驚いた。電池式なのだ。
    伝導体でペンを作らず、電池内蔵でアクティブ型ペンである。

    HP Slate 2 Tablet PC タッチペン
    [クリックで拡大]

     ペンの反対側が尾栓になっておりここから乾電池を入れる。



    2.内蔵ディスクの増設・SDHC/SDXCカードのハードディスク化
    HP Slate 2 PC SDカード SDHC SDXC ハードディスク化
    [クリックで拡大]

     まずスレート2を増設する。内蔵SSD64GB+SDXCカード64GB=128GBマシンにする。
     「プチフリバスター」を使用する。「プチフリバスター」にはF2Dx1という補助機能がある。F2Dx1をインストールするとリムーバブルメディアを擬似ハードディスク化できる。
    左側がF2Dx1導入前、右が導入後だ。Dドライブがリムーバブルメディアからローカルディスクになっているのが判る。
    SDカードのHDD化
    今回は現実的に現在入手可能な最大容量として64GBのSDXCカードでテストした。
    筆者としては2600〜3000円で買えるカードがお勧めだ。アウトレットを除きSDカードはこの価格帯が底値だ。


    3.CrystalDiskmarkによるベンチマークテスト
     いよいよスレート2の性能評価をしよう。まずは無難にディスクの速度を計る。まずはCrystalDiskmark3でテストしよう。

    ■ベンチを取るデータは50MBで統一する。
    ■ベンチはCドライブとDドライブ(SDカード)をとる。

    HP Slate 2 CrystalDiskMark ベンチマーク
    [クリックで拡大]

     まずはCドライブのベンチマーク比較のためにMSI WindPad 110Wと並べる。

     スレート2の性能が異常に良いのが判る。総じてライト処理が速い。ディスク装置は原則としてリードは速く、ライトが遅い。以上より、スレート2は標準で大容量ディスクキャッシュを積んでいると断定する。

     さて、スレート2に「プチフリバスター」を使い高速化してみる。


    [クリックで拡大]

     プチフリバスターの導入で高速化は成功した。
    256MBをキャッシュ設定して標準設定と高速モード設定2パターンで測定した。高速モードはキャッシュの効きをより出す設定だ。

    4GB メモリ増設 拡張
    [クリックで拡大]

     比較検討としてMSI WindPad 110Wでの高速化例も示す。図中PFBはプチフリバスターの略だ。
     110Wの場合、メモリを4GBに増設し2GBをキャッシュに割り振るというアメリカン(力任せ)な設定をしているので単純に比較するのはフェアではない。とはいえ、4GBメモリを搭載できるアドバンテージが110Wにあるのもまた事実だ。

     性能を追求するか、ポータブルを追及するか?・・・スレート2と110Wでは方向性が大きく異なるとは指摘できる。

    SDカードHDD化および高速化 ベンチマーク
    [クリックで拡大]

     Dドライブ(SDXCカード64GB)のベンチマークテストを行う。左が標準構成だ。右側はF2Dx1の高速化スイッチをONにしたところ。F2Dx1には128MBのキャッシュを割り振り後は標準設定とした。

    4.CrystalMark2004R3によるベンチマークテスト

    HP Slate 2 VS MSI WIndPad 110W CrystalMark2004R3 ベンチマーク
    [クリックで拡大]

     今度はCrystalMark2004R3でベンチマークテストする。
    トータルスコアはスレート2の方が僅かに優れているのだが良く見て欲しい。ディスクのスコアがスレート2のほうが2倍近く良い結果が出ており総合評価を30%近く底上げしている。

     スレート2はPFB(プチフリバスター)と同系統の高速化ソフトを標準で入れているため、このような現象が起きていると思われる。

     これを判りやすくするために棒グラフにしよう。

    HP Slate 2 VS MSI WIndPad 110W CrystalMark2004R3 ベンチマーク
    [クリックで拡大]

     インテルATOMチップとAMD FusionチップはFusionが40%増しで処理能力が高いようだ。スレート2は小型軽量モバイルという方向性に真価があると言えるだろう。

    HP Slate 2 VS MSI WIndPad 110W CrystalMark2004R3 ベンチマーク
    [クリックで拡大]

     各内訳もグラフ化した。拡大して見て欲しい。
    CrystalMarkの詳細なベンチマーク結果を巻末付録として付ける。


    X.禁断の分解編
     緊急Upする。画像があらいのは容赦あれ。後日、画像を取り直し、詳細説明を付けて補修の予定だ。


    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 フレーム外し
    [クリックで拡大]

     驚いたのだが、スレート2の外枠がこのように外れる。
    外枠はソフビに近い材質だった。存外柔らかい。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 フレーム外し
    [クリックで拡大]

     外したところ。拡大して見えるだろうか。ツメが出ており勘合できるようになっている。


    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 外枠のネジ
    [クリックで拡大]

     上面図だ。ねじが中央に見える。このように壁面に小さなネジで止める形式をとっている。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 四辺
    [クリックで拡大]

     上面図全体を撮影したところ。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 四辺
    [クリックで拡大]

     次に右辺の画像。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 四辺
    [クリックで拡大]

     これは底面図。


    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 四辺
    [クリックで拡大]

     左側面図。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 枠 ツメ
    [クリックで拡大]

     外枠を拡大する。これは丁度、底面の電源コネクタが刺さるところだと思う。ツメが見える。このツメが勘合してロックがかかる。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 上下分解
    [クリックで拡大]

     上が液晶。下がマザーボードだ。



    [クリックで拡大]

     マザーボードをクローズアップしたところ。




    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 64GB SSD
    [クリックで拡大]

     上面左端はMini PCI Express状のスロットとなっておりここに64GBのSSDが接続していた。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 64GB SSD
    [クリックで拡大]

     SSDは長編で5cmと小さい。このSSDを覆うシールドを剥いた所。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 64GB SSD
    [クリックで拡大]

     拡大してみようMZMPA064HMDR-000H1と書いてある。
    SSDも小さくなったものである。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 WiFi廻り
    [クリックで拡大]

     黒いフィルムを剥いた所、帳面上部はおそらくメモリだと思う。
    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 WiFi廻り
    [クリックで拡大]

     右端はSDカードスロット。
    左側はハーフサイズ以下のWiFiカードと思われる。

    HP Slate 2 Tablet PC 禁断の分解編 WiFi廻り
    [クリックで拡大]

     手前には隙間がある。これはたぶんG3カードを接続するための空隙だとい思われる。

     さて、冒頭で述べたとおり、明日、画像を適時取り直しよりクオリティの高い画像を提供する予定だ。






    CrystalMark 2004R3 [0.9.126.452] (C) 2001-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World [ http://crystalmark.info/ ]

    CrystalMark 44702
    ALU 4260
    Fibonacci 913
    Napierian 812
    Eratosthenes 1051
    QuickSort 1462
    FPU 3801
    MikoFPU 588
    RandMeanSS 1460
    FFT 1025
    Mandelbrot 706
    MEM4937
    Read1749.54 MB/s (1749)
    Write 638.29 MB/s (638)
    Read/Write 760.26 MB/s (760)
    Cache17685.90 MB/s (1768)
    HDD 27135
    Read 154.17 MB/s (5083)
    Write 158.62 MB/s (5172)
    RandomRead512K 131.99 MB/s (4639)
    RandomWrite512K 160.08 MB/s (5201)
    RandomRead 64K 71.47 MB/s (2858)
    RandomWrite 64K 109.11 MB/s (4182)
    GDI1506
    Text 753
    Square 107
    Circle 300
    BitBlt 346
    D2D1014
    Sprite 10 192.20 FPS (19)
    Sprite 100 117.92 FPS (117)
    Sprite 500 38.98 FPS (194)
    Sprite 1000 21.22 FPS (212)
    Sprite 5000 4.69 FPS (234)
    Sprite 10000 2.38 FPS (238)
    OGL2049
    Scene 11853
    Lines (x1000)(274260)
    Scene 2 CPU(64)
    Scene 2 Score196
    Polygons (x1000)(4178)
    Scene 2 CPU(4)


    System Information
    OS Windows NT6.1 Business Service Pack 1 [6.1 Build 7601]
    Display Mode 1024 x 600 32bit 60Hz
    Memory 2032 MB
    BIOS
    Vendor
    Caption
    Version
    Date
    SM BIOS
    Caption
    Version
    Mother
    Vendor
    Product
    Version
    Computer System
    Vendor
    Product
    CPU Information
    CPU NameIntel
    Vendor StringGenuineIntel
    Name StringIntel(R) Atom(TM) CPU Z670 @ 1.50GHz
    CPU TypeOriginal OEM processor
    Number(Logical)2
    Family6
    Model6
    Stepping1
    Feature MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 XD
    Clock1499.96 MHz
    CPUID Detail Information
    0x00000000 : EAX=0x0000000A EBX=0x756E6547 ECX=0x6C65746E EDX=0x49656E69
    0x00000001 : EAX=0x00020661 EBX=0x00020800 ECX=0x0040C39D EDX=0xBFE9FBFF
    0x00000002 : EAX=0x4FBA5901 EBX=0x0E3080C0 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000003 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000004 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000005 : EAX=0x00000040 EBX=0x00000040 ECX=0x00000003 EDX=0x03020220
    0x00000006 : EAX=0x00000001 EBX=0x00000002 ECX=0x00000001 EDX=0x00000000
    0x00000007 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000008 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000009 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x0000000A : EAX=0x07280203 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000503
    0x80000000 : EAX=0x80000008 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x80000001 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000001 EDX=0x00100000
    0x80000002 : EAX=0x20202020 EBX=0x20202020 ECX=0x746E4920 EDX=0x52286C65
    0x80000003 : EAX=0x74412029 EBX=0x54286D6F ECX=0x4320294D EDX=0x5A205550
    0x80000004 : EAX=0x20303736 EBX=0x20402020 ECX=0x30352E31 EDX=0x007A4847
    0x80000005 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x80000006 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x02006040 EDX=0x00000000
    0x80000007 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x80000008 : EAX=0x00002020 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    Device
    ChipSet Intel Unknown
    North Intel Unknown
    South Intel Unknown
    IDE Controller
    Graphics
    Video Intel Unknown
    Video Product
    Video Vendor
    Video Chip
    Video RAM
    Driver Version
    Driver Date
    PCI Device List
    NoBusDevFncVendorDeviceRevSubSystemClassDeviceType
    0 0 0 0 8086h4110h04h103C1782h060000hHost Bridge
    1 0 2 0 8086h4102h04h103C1782h030000hVGA Compatible Controller
    2 0 31 0 8086h0817h03h103C1782h060100hISA Bridge
    3 1 1 0 8086h080Dh01h103C1782h038000hOther Display Controller
    4 3 16 0 8086h0813h01h103C1782h088000hOther System Peripheral
    5 5 17 0 8086h0801h01h103C1782h078000hOther Communications
    6 7 18 0 8086h0802h01h103C1782h078000hOther Communications
    7 8 19 0 8086h0803h01h103C1782h078000hOther Communications
    8 9 20 0 8086h0804h01h103C1782h078000hOther Communications
    9 11 21 0 8086h080Ah00h103C1782h040300hHigh-Definition Audio Device
    10 12 22 0 8086h0806h01h103C1782h0C0320hEHCI USB Controller
    11 13 23 0 8086h0811h01h103C1782h0C0320hEHCI USB Controller
    12 14 24 0 8086h0807h01h103C1782h080500hSD Host Controller without DMA
    13 15 25 0 8086h0808h01h103C1782h080500hSD Host Controller without DMA
    14 16 26 0 8086h0812h01h103C1782h080500hSD Host Controller without DMA
    15 17 27 0 8086h0816h01h103C1782h010601hSerial ATA Controller
    NoDeviceName
    0 Intel Unknown
    1 Intel Unknown
    2 Intel Unknown
    3 Intel Unknown
    4 Intel Unknown
    5 Intel Unknown
    6 Intel Unknown
    7 Intel Unknown
    8 Intel Unknown
    9 Intel Unknown
    10 Intel Unknown
    11 Intel Unknown
    12 Intel Unknown
    13 Intel Unknown
    14 Intel Unknown
    15 Intel Unknown
    HDD
    TypeSizeModelBufferMode
    SATA 64.0GB SAMSUNG MZMPA064HMDR-000H1



     本日はこれまで・・・明後日、このページに追記していく。次回はpc-wizard_2012のベンチマークを各種取る予定だ。
    ・・・to be contenue・・・


    □PR
    ★★★最強のタブレットPCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ



    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    格安 激安 在庫処分 レビュー 口コミ 暴露 見ないと損!!
    • レビュー 暴露 口コミサイト
    • 2012/03/05 2:59 PM

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM