ASUS ZENBOOK UX31E 増設と高速化の実験とレビュー

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設

     ASUS ZENBOOK UX31E-RY128の評価レビューを行う。
    i7搭載、SSD搭載の強烈に速い機体だ。
     何が速いって、パワーONから10秒強でログオン画面に到達する。この速さは峻烈だ。
     PR
    ★★★最強のWindows PCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ
    PR

    ---- Index / あるいは執筆予定 ----
    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

    1.ファーストインプレッション
    2.内蔵ディスクの増設・SDHC/SDXCカードのハードディスク化
    3.CrystalDiskmarkによるベンチマークテスト
    4.CrystalMark2004R3によるベンチマークテスト
    5.pc-wizard_2012によるベンチマークテスト
    6.禁断の分解編
    7.電源アダプタ解析
    8.BIOSスクリーンショット集
    9.速度劣化ゼロ、アンチウィルスの実装
    ---------------------------------

    1.ファーストインプレッション
    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 化粧箱
    [クリックで拡大]

     ZENBOOKを開封したところ。このように鎮座する。
    台湾は日本の影響を受けているのか。それとも同じアジア人ということだろうか。HPのアメリカンな梱包とはえらく違う。
    前回HPから届いた質実剛健な梱包には驚いたものだ。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 化粧箱 内容物
    [クリックで拡大]

     がぱらっと展開した所。
    左から本体、標準で付いてくるソフトケース、マニュアル、ケーブル一式だ。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 化粧箱 内容物 EtherNetアダプタ モニタアダプタ
    [クリックで拡大]

     ZENBOOKはビジネスを強く意識している印象がある。上が外部用モニタ端子だ。ビジネスユーズではプロジェクタにノートを接続して打ち合わせをする。一般的な風景だ。プロジェクタに繋ぐRGBモニタ端子がないともういけない。オフィスから締め出される。

     下はUSB接続するEtherNet端子だ。今の時代WiFiがオフィスでも一般的でこれは不要な気もするのだが。。。好感が持てる。筆者は現レノボ、旧IBMのThinkPadが好みである。少々ゴツクなろうがデザイン上不利だろうが昔からあるI/Fを出来るだけ付ける姿勢はさすがインダストリアルビジネスマシン社と思う。

     アメリカの企業だがどこかドイツ的な美しさを感じる。

     さて、・・・


    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ACアダプタ 電源
    [クリックで拡大]

     電源である。ワールドワイドを考慮し、AC側のプラグが着脱式になっている。アタッチメントだけ各国ごとに換えれば他は共通化出来る工夫だろう。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ACアダプタ 電源
    [クリックで拡大]

     アタッチメントを付けた所。
    そして・・・ガーン・・・

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ACアダプタ 電源

     PC側のプラグである。IEA電圧区分1に近似したレアな形状をしている・・・自作が出来るだろうか?・・・こういうところはアップルの悪いところを真似しなくてよろしい。

     一般的な工業規格品を採用して欲しい所だ。
    オフィスに1台、自宅に一台とACアダプタを欲しいビジネスマンを考慮して欲しい所だ。


    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 左サイド USB SDカードスロット
    [クリックで拡大]

     さて、左レフとである。USB、ヘッドホン端子、SDカードスロットと続く。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 左サイド USB SDカードスロット
    [クリックで拡大]

     拡大したところ、背面にスリットが空いているのが見える。
    実はこの機体、排気が背面のスリットとフタの蝶番の所で行っているへそ曲がりだ。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 右サイド モニタ端子 HDMI端子 電源
    [クリックで拡大]

     さて右サイド。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 右サイド モニタ端子 HDMI端子 電源
    [クリックで拡大]

     左からマイクロHDMI,外部モニタ端子、USB、電源と続く。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 左サイド USB SDカードスロット SDXC
    [クリックで拡大]

     そしてガ〜〜ン・・・
    SDXC64GBをZENBOOKに刺した所。半刺し方式なのである。
    先っちょだけ入れて繋ぐ。つまり、本体の増設スロットとして内蔵するのではなく、一時的に刺して使うスタイルなのだ・・・残念である。本機は増設性はない・・・ククク・・・だからアップルの悪い所は真似んでよろしい。。。


    2.内蔵ディスクの増設・SDHC/SDXCカードのハードディスク化

     さて、出鼻を挫かれたが、お約束の内蔵SDカードのハードディスク化を行う。これはラボにおける儀式である。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 内蔵SDHCのハードディスク化 内蔵SDXCのハードディスク化 
    [クリックで拡大]

     左側が工場出荷状態のZENBOOKに64GBのSDXCカードを刺した所。右側はプチフリバスターの標準オプションF2Dx1をかけ、擬似ハードディスク化したところだ。半刺しでなければ・・・あっさり+64GBのお手軽増設ができたのであるが惜しまれる。

     地デジPCチューナとかを使うと、あれよあれよという間にディスクを消耗する。こういう時にSDカードにTV録画できると便利なのである。新幹線の中でちょっとしたミニシアターに化けるなど中々美味しいのである。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E 内蔵SDHCのハードディスク化 内蔵SDXCのハードディスク化 高速化 増設
    [クリックで拡大]

     余談であるが、SDカードの高速化具合を示す。
     SDカードとはいえ、F2Dx1の高速化機能でフルセグのフルフル録画は楽勝で出来る。正直、SDカード同時録画で何ch出来るのか・・・と思えるパフォーマンスを示す。



    3.CrystalDiskmarkによるベンチマークテスト
    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 CrystalDiskMark その1
    [クリックで拡大]

     まず定番CrystalDiskmark3でのCドライブのベンチマーク結果。SSDとしては非常に高速なのが判る。直感的にEeePC 初期の名機S101の4倍くらい。4kバイトアクセスに至っては50倍くらい速くなっているように思う。

     このベンチは例外的にCrystalDiskMarkの標準設定である1GB(1000MB)のデータサイズでテストした。

     単純な物理的な速度を見るのにデータサイズを大きくするのは意味がある。しかし、実際の運用では1GBのデータ転送は稀であり、Windowsのアクセスの50%は4Kバイトと言われているとおり、実際のトラフィックは4K〜数MBで決する。

     例えば地デジチューナーのフル画像が2MB/秒程度なのだ。

     さて、次にCrystalDiskMarkの設定を50MBとして計測する。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 CrystalDiskMark その2
    [クリックで拡大]

     左が向上出荷状態。1GBの時とだいたい同じなのが判る。右側がプチフリバスターを入れた所だ。軽量ノートで1GBを振りぬけて2GB台に載ったのには驚いた。CPUが速いとここまで速くなるものだろうか。。。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 CrystalDiskMark その3
    [クリックで拡大]

     これはさらにプチフリバスター(以後PFB)のキャッシュの効きを良くする高速モードをONにした所。ぶっちぎりで高速化する。

     プチフリバスターとはもともとはSSDで不可避的に発生するプチフリ現象根絶ソフトだ。副作用として強烈な高速効果を発揮する。そして、その効果はSSDよりHDDでより効果が高いというヒネクレタソフトだ。

     プチフリ現象はZENBOOKでも発生する。プチフリバスターはこのプチフリ現象を最小に抑えるものだ。

    4.CrystalMark2004R3によるベンチマークテスト
    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 CrystalMark2004R3 その1
    [クリックで拡大]

     次はCrystalMark2004R3による総合ベンチマークテストを行う。前回おこなったHP Slate2 Tablet PCに比しておよそ4倍のハイスコアをたたき出している。工場出荷状態である。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 CrystalMark2004R3 その2
    [クリックで拡大]

     次はPFBを導入しての測定結果。スコアが7万ほど増加している。24千ほどであったHDDのスコアが10万に増大してスコアを底上げしている。PFBは512MBの標準設定で行った。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 CrystalMark2004R3 その3
    [クリックで拡大]

     次は、PFBは512MB+1秒の高速モード。さらに高速化している。ラボとしては安定性も考慮し、標準構成を推奨する。

     CrystalMark2004R3のログを巻末付録する。厳密な数値はこちらを見て欲しい。

    5.pc-wizard_2012によるベンチマークテスト
    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 Windows エクスペリ エンスインデックス
    [クリックで拡大]

     pc-wizardではないWindows エクスペリエンス インデックスでの計測結果。ほぼ上限に近い事が判る。

    ASUS ZENBOOK UX31E-RY128 UX31E UX21E ベンチ 分解 評価 レビュー 高速化 増設 PC Wizard 2012
    [クリックで拡大]

     さて、本題。pc-wizardでの計測結果だ。
    どちらも工場出荷状態で測定している。PFBは入れていない状態だ。

    6.禁断の分解編
     さて分解・・・っつ・・・なぜ、こうアップルの悪い所を真似るのだろうか。。。星形ドライバで止めてある。近所のホームセンターでドライバを購入しないと行けない・・・いやまてよ、昔、買って持っていた記憶がある。出てきた。T5番のドライバで分解できる。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解
    [クリックで拡大]

     背面のネジを外せば良い。この図は既に外している。
    非常に簡単に分解できる。ネジを外せば裏ブタが外れる。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

     裏ブタを外した所。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 ファン
    [クリックで拡大]

     右側の冷却ファンのアップ。



    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSDカード
    [クリックで拡大]

     冷却ファンから伸びるアーム状のヒートパイプが設置する集積回路だ。CPUとGPUと思われる。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 リチウム電池
    [クリックで拡大]

     こちらはリチウムイオンバッテリ。コネクタを軸に外したところ。
    バッテリを止めているネジを外すだけで簡単に外れる。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 電池コネクタ
    [クリックで拡大]

     問題はコネクタである。これが外れにくい。
    最終的にはコネクタは外れている。後のほうで紹介する。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 電池の薄さ
    [クリックで拡大]

     ウェアハスのように薄いバッテリが判る。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSD
    [クリックで拡大]

     さて、SSDを外した所。
    黄色い紙を毟ったのでもう、保証は受けられないだろう。。。まあ、どっちころんでも分解しているから保証外だ。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSD ライター比較
    [クリックで拡大]

     SSDのアップ画像。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSD
    [クリックで拡大]

     SSDが如何に小さいか判るだろう。
    ライターとの比較すると良く判る。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSD
    [クリックで拡大]

     SSDをひっくり返したところ。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSD
    [クリックで拡大]

     端子の拡大図。表はアースで一枚銅版だが裏はこのようにピッチが並んでいる。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 SSD
    [クリックで拡大]

     SSD。SanDiskである。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 DRAM
    [クリックで拡大]

     SSDを外した跡地。DRAMと思われるICが並んでいる。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 CPU GPU ヒートパイプ
    [クリックで拡大]

     ヒートパイプを引っぺがしたところ。
    おそらく左側からGPUにCPUと思われる。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 ヒートパイプ
    [クリックで拡大]

     さらにアップする。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 ヒートパイプ
    [クリックで拡大]

     シロッコファンが見える。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 ヒートパイプ ラジエータ
    [クリックで拡大]

     ファンのアップ画像。
    ヒートパイプにはラジエータ状の冷却板が見える。
    なるほど。ZENBOOKの冷却方式が良く判る。ファンでヒートパイプを冷却する。CPUはヒートパイプで冷却されるわけだ。

     ヒートパイプはただの銅板なのだろうか。こればかしは分解したらアウトだ。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 ボタン電池
    [クリックで拡大]

     バッテリをひっくり返した所にボタン電池を発見。
    このあたり微妙に間抜けだ。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 WiFi
    [クリックで拡大]

     マザーボードの左端。ここにWiFiモジュールがいる。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 WiFi
    [クリックで拡大]

     クローズアップ画像だ。画像中央にアンテナ端子があるのがわかる。この端子は白いアンテナ線がついていたがここでは外している。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

     バッテリを外した所。マザーボードが如何に小さいか良く判る。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

     もう少しアップしてみよう。



    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

     当初苦労したバッテリ接続コネクタのアップ。このような凸凹のコネクタであった。手前に見えるはボタン電池。両面テープで筐体に固定している。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード 背面
    [クリックで拡大]

     マザーボードを外してひっくり返した所。
    中央にもやはりDRAMと思しきLSIが並んでいる。
    両脇にある2つのメタルはなんだろう?・・・スピーカのようである。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード DRAM
    [クリックで拡大]

     DRAMと思しき部品の拡大写真である。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

     ファンモータの裏側。この基盤でこの部分が一番萌える。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード シロッコ
    [クリックで拡大]

     マザーボードの反対側。USBおよび2つのコネクタが見える。

    ASUS ZENBOOK UX31E UX31E-RY128 UX21 分解 マザーボード 背面
    [クリックで拡大]

    7.電源アダプタ解析
    7.1.電圧測定

     ZENBOOKの採用するDCプラグ端子は3端子だ。
    テスターで電圧を測る。

    E 電源 ACアダプタ DC
    [クリックで拡大]

     測定の結果約19Vであった。
    ■センタープラス(+)つまり中軸がプラスだ。
    ■外側(先端部)との相対電圧は無負荷で19.37Vだ。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX21E 電源 ACアダプタ DC
    [クリックで拡大]

     次に、根元との電圧を測る。約17Vであった。
    ■根元がプラス(+)側だ。
    ■外側(先端部)がアースで、相対電圧は無負荷で17.64Vだ。



    [クリックで拡大]

     先端部と根元の部分の電圧は約ゼロVだ。

    zenbook ac adapter acアダプタ 電源 推測 回路図


     推測なのだがこうなっているのではないだろうか。。。
    なぜ、こういう推測をするかというとただ単に、LEDを発光させるためじゃないかと思えてならない。。。一般的なLEDの電圧降下が1.7Vと記憶する。19V-1.7V=17.3Vとなりだいたい符丁があう。


    7.2.寸法
    ASUS ZENBOOK UX31E UX21E 電源 コネクタ プラグ 仕様 寸法
    [クリックで拡大]

     ノギスで測定した。
    1.外形3mm
    2.内径約1mm
     ※内径は計り難いので約としている。
    3.プラグ長さ約8.6mm
     ※長さは正確なmm単位ではなかった。端数を考慮して約としている。

     プラグの形状はこれに酷似しているのだが・・・同系統の姉妹品と思われるが・・・寸が合わない。


    ASUS ZENBOOK UX31E UX21E 電源 コネクタ プラグ 類似プラグ
    http://search.digikey.com/jp/ja/products/PP-018/CP-018-ND/1624272

    ONN DC PWR PLUG 1.1X3.5X7.6MM - PP-018 - Connectors, Interconnects

    Digi-Key Part Number CP-018-ND
    Price Break Unit Price Extended Price
    11.750001.75
    101.3570013.57
    1001.03500103.50
    5000.82800414.00
    10000.73600736.00
    Manufacturer Part NumberPP-018
    DescriptionCONN DC PWR PLUG 1.1X3.5X7.6MM
    Quantity Available 1767
    All prices are in US dollars.

    Purchase Free Hanging (In-Line) Barrel - Power Connectors, Interconnect CUI Inc Plug PP-018

    7.3.現在入手可能なセカンドソース
     英語圏、中国を検索すると結構出てくる。ただし、う〜〜ん。。。

    http://www.global-laptop-batteries.com/asus-ac-adapter/Asus-ZenBook-UX31-45W-AC-Adapter.html
    ASUS ZENBOOK UX31E UX21E 電源 コネクタ 互換品
    [クリックで拡大]

     プラグは解像度が悪く判断できないのだが、2端子に見える。
    純正は3端子だ。プラグの軸内に1端子。外側に2端子だ。

     同一製品と思うが、中国の工場がディーラー向けのサイトのアップ情報だ。やはり2端子に見える。
    http://rongtop.en.alibaba.com/product/533455721-209670999/New_19V_2_37A_ADP_45AW_A_45W_Ac_Adapter_Charger_For_ASUS_ZENBOOK_UX31E_UX21E.html
    ASUS ZENBOOK UX31E UX21E 電源 コネクタ 互換品
    [クリックで拡大]

     実物を見ないと判らないのだが・・・割り切った互換品は2端子として販売しているように見える。


    7.4.謎の第三端子


    ASUS ZENBOOK UX31 ACアダプター DCアダプター 電源 ジャック
    [クリックで拡大]

     DCジャックをピックアップ撮影する。


    ASUS ZENBOOK UX31 ACアダプター DCアダプター 電源 ジャック マザーボード
    [クリックで拡大]

     基盤側だ。
    中央の黒いモジュールがDCジャックだ。

    ■赤○・・・約19Vの端子がきている
    ■青○・・・アース
    ■緑○・・・謎の第3端子。約17Vきている。


    ASUS ZENBOOK UX31 ACアダプター DCアダプター 電源 ジャック マザーボード
    [クリックで拡大]

     基盤を裏から見たDCジャック。
    メタルの上部に〜〜〜〜〜としたカラスの足跡のような物が見える。
    部品の型式だと良いのだが・・・機械の噛み跡のようである。


    ASUS ZENBOOK UX31 ACアダプター DCアダプター 電源 ジャック マザーボード
    [クリックで拡大]

     謎の第3端子の配線を赤線で追っかけてみた。
    右から左に伸びてきて・・・白い△のペイントでラインが隠れている。。。たぶん上の○で囲んだ所に来ていると思われる。

    ASUS ZENBOOK UX31 ACアダプター DCアダプター 電源 ジャック マザーボード
    [クリックで拡大]

     基盤の背面だ。
    赤で囲んだ所にきていると思う。その下に小さなボックスが2つ並んでいる。赤で囲んだ所は右側のボックスに配線している。
    ボックスの下の端子から赤線で配線を追っかける。右側に伸びて行き止まりになっている。

    ASUS ZENBOOK UX31 ACアダプター DCアダプター 電源 ジャック
    [クリックで拡大]

     再びマザーボードの表に戻る。
    白い△の少し上に緑で◎で囲んだ所がある。ここにさっきの行き止まりが来ていると予測する。ただ、これ以上の追跡は半田付けした部品をひっぺがし【完全な】破壊検査になると思われる。残念だがこのへんで止めておく。

     現在、中国のメーカからZENBOOK用の電源をサンプルで取り寄せる交渉をしている。彼らからの第3端子に対する見解を得られるかもしれない。

    8.BIOSスクリーンショット集
     ZENBOOK起動時F2キーを押すとBIOS設定画面を呼び出し出来る。
    各画面をUpする。

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]


    ASUS ZENBOOK UX31 BIOS
    [クリックで拡大]

     to be continue・・・次回追記


     PR
    ★★★最強のWindows PCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ
    PR

    ■巻末付録
    CrystalMark 2004R3 [0.9.126.452] (C) 2001-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World [ http://crystalmark.info/ ]

    CrystalMark 152993
    ALU 36428
    Fibonacci 11901
    Napierian 7633
    Eratosthenes 6811
    QuickSort 10061
    FPU 36795
    MikoFPU 4849
    RandMeanSS 17294
    FFT 7978
    Mandelbrot 6652
    MEM35569
    Read15083.88 MB/s (15083)
    Write7952.26 MB/s (7952)
    Read/Write7521.36 MB/s (7521)
    Cache49917.39 MB/s (4991)
    HDD 24664
    Read 393.91 MB/s (7469)
    Write 282.64 MB/s (6826)
    RandomRead512K 218.80 MB/s (6188)
    RandomWrite512K 18.96 MB/s (758)
    RandomRead 64K 78.02 MB/s (3120)
    RandomWrite 64K 7.58 MB/s (303)
    GDI13133
    Text 4732
    Square 1241
    Circle 3428
    BitBlt 3732
    D2D2505
    Sprite 10 773.04 FPS (77)
    Sprite 100 370.12 FPS (370)
    Sprite 500 90.92 FPS (454)
    Sprite 1000 47.87 FPS (478)
    Sprite 5000 11.14 FPS (557)
    Sprite 10000 5.69 FPS (569)
    OGL3899
    Scene 11659
    Lines (x1000)(210006)
    Scene 2 CPU(32)
    Scene 2 Score2240
    Polygons (x1000)(110469)
    Scene 2 CPU(64)


    System Information
    OS Windows NT6.1 Home Premium Service Pack 1 [6.1 Build 7601]
    Display Mode 1600 x 900 32bit 60Hz
    Memory 3999 MB
    BIOS
    Vendor
    Caption
    Version
    Date
    SM BIOS
    Caption
    Version
    Mother
    Vendor
    Product
    Version
    Computer System
    Vendor
    Product
    CPU Information
    CPU NameIntel
    Vendor StringGenuineIntel
    Name StringIntel(R) Core(TM) i7-2677M CPU @ 1.80GHz
    CPU TypeOriginal OEM processor
    Number(Logical)4
    Family6
    ModelA
    Stepping7
    Feature MMX SSE SSE2 SSE3 SSSE3 SSE4.1 SSE4.2 XD VT Intel 64
    Clock1795.96 MHz
    CPUID Detail Information
    0x00000000 : EAX=0x0000000D EBX=0x756E6547 ECX=0x6C65746E EDX=0x49656E69
    0x00000001 : EAX=0x000206A7 EBX=0x00100800 ECX=0x1FBAE3FF EDX=0xBFEBFBFF
    0x00000002 : EAX=0x76035A01 EBX=0x00F0B2FF ECX=0x00000000 EDX=0x00CA0000
    0x00000003 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000004 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000005 : EAX=0x00000040 EBX=0x00000040 ECX=0x00000003 EDX=0x00021120
    0x00000006 : EAX=0x00000077 EBX=0x00000002 ECX=0x00000009 EDX=0x00000000
    0x00000007 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000008 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x00000009 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x0000000A : EAX=0x07300403 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000603
    0x0000000B : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x0000000C : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x0000000D : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x80000000 : EAX=0x80000008 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x80000001 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000001 EDX=0x28100000
    0x80000002 : EAX=0x20202020 EBX=0x49202020 ECX=0x6C65746E EDX=0x20295228
    0x80000003 : EAX=0x65726F43 EBX=0x294D5428 ECX=0x2D376920 EDX=0x37373632
    0x80000004 : EAX=0x5043204D EBX=0x20402055 ECX=0x30382E31 EDX=0x007A4847
    0x80000005 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    0x80000006 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x01006040 EDX=0x00000000
    0x80000007 : EAX=0x00000000 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000100
    0x80000008 : EAX=0x00003024 EBX=0x00000000 ECX=0x00000000 EDX=0x00000000
    Device
    ChipSet Intel Unknown
    North Intel Unknown
    South Intel Unknown
    IDE Controller
    Graphics
    Video Intel Unknown
    Video Product
    Video Vendor
    Video Chip
    Video RAM
    Driver Version
    Driver Date
    PCI Device List
    NoBusDevFncVendorDeviceRevSubSystemClassDeviceType
    0 0 0 0 8086h0104h09h10431427h060000hHost Bridge
    1 0 2 0 8086h0116h09h10431427h030000hVGA Compatible Controller
    2 0 22 0 8086h1C3Ah04h10431427h078000hOther Communications
    3 0 27 0 8086h1C20h05h10431427h040300hHigh-Definition Audio Device
    4 0 28 0 8086h1C10hB5h10431427h060400hPCI to PCI Bridge
    5 0 28 1 8086h1C12hB5h10431427h060400hPCI to PCI Bridge
    6 0 28 3 8086h1C16hB5h10431427h060400hPCI to PCI Bridge
    7 0 29 0 8086h1C26h05h10431427h0C0320hEHCI USB Controller
    8 0 31 0 8086h1C4Dh05h10431427h060100hISA Bridge
    9 0 31 2 8086h1C03h05h10431427h010601hSerial ATA Controller
    10 0 31 3 8086h1C22h05h10431427h0C0500hSMBus Contoller
    11 2 0 0 168Ch0032h01h1A3B2086h028000hOther Network Controller
    12 3 0 0 1B73h1009h02h10431427h0C0330h
    NoDeviceName
    0 Intel Unknown
    1 Intel Unknown
    2 Intel Unknown
    3 Intel Unknown
    4 Intel Unknown
    5 Intel Unknown
    6 Intel Unknown
    7 Intel Unknown
    8 Intel Unknown
    9 Intel Unknown
    10 Intel Unknown
    11 Unknown Unknown
    12 Unknown Unknown
    HDD
    TypeSizeModelBufferMode



    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM