Aspire AS5750-F58D/LK メモリ増設 ディスク増設と高速化の実験とレビュー

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    Aspire AS5750-F58D/LK 増設と高Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー
    [クリックで拡大]

     ラボでは初めての試みである。炬燵トップ級の評価を行う。
    この画像はAspire AS5750-F58D/LKの裏ブタを開けたところ。
    本機は購入と同時にメモリを8GB->16GBに増設した。
    評価レビューの後、内蔵ディスクをSSDに換装する。

     PR
    ★★★最強のWindows PCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ
    PR


    1.ファーストインプレッション
    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー
    [クリックで拡大]

     Aspire AS5750-F58D/LK はとにかく巨大だ。
    ラボのタブレットPC「WindPad 110W」、ウルトラブック「ZENBOOK UX31E」と比較する。

     本機はノートPCというよりオールインワンのデスクトップというのが正しい評価だろう。

     主戦場は企業内PCであり家庭設置用のパソコンだろう。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー
    [クリックで拡大]

     WindPad 110Wをモニタに重ねた所。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー ZENBOOK UX31E MSI WindPad 110W 大きさ比較
    [クリックで拡大]

     WindPad 110Wをキーボードに重ねた所。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー ZENBOOK UX31E MSI WindPad 110W 大きさ比較
    [クリックで拡大]

     ZENBOOK UX31Eを重ねた所。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー ZENBOOK UX31E MSI WindPad 110W 大きさ比較
    [クリックで拡大]

     往年の名機、ASUS Eee PC S101を重ねた所。



    2.プチ分解・メモリの増設 8GBを16GBにする

    Aspire AS5750-F58D/LK 増設と高Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 評価 レビュー
    [クリックで拡大]

     冒頭の画像を再度出す。裏ブタを開けるとこのようになる。
    左から2.5インチSATAハードディスクだ。2つ目がWiFiモジュールが入っている。3つ目はDDR3のメモリスロットが2つ鱗状配置している。
     では分解方法を紹介する。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設
    [クリックで拡大]

     Aspire AS5750-F58D/LK の背面画像。
    赤い丸で囲んだ所にネジがある。特に上のネジは[Acer封印シール]で目隠ししている。シールを破りネジを外す。


    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設
    [クリックで拡大]

     該当箇所をズームアップ。
    これで裏ブタは外れる。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設
    [クリックで拡大]

     閑話休題。バッテリを外した所。


    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 ディスク 増設
    [クリックで拡大]

     さて、裏ブタを外した所。この画像はメモリスロットをズームアップしたところ。写真撮影時には既に16GB化している。
    8GBのDDR3カードを2枚=16GB化している。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 DDR3 8GB
    [クリックで拡大]

     秋葉原で購入したDDR3カード。2枚セットで9400円だった。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 16GB
    [クリックで拡大]

     増設後のWindows上での確認。
    期待どおりである。

    ------> 割り込み記事 開始
     なぜこう初期不良が多いのだろう?

     不幸の追記となる。
     一晩かけ、増設したメモリのテストを行った。
    業者が良く使うメモリテストツールでMEMTEST+86というのがある。
    ラボではPMTというUSBメモリでPCを起動し、MEMTEST+86を動かすツールを無料配布している。これを使用した。

    Aspire AS5750-F58D/LK メモリ増設 / メモリ交換 / メンテナンスマニュアル(メモリテストツール MEMTEST+86 usb 起動 活用)
    [クリックで拡大]

     一晩廻した結果がこの画像。赤いラインでエラーを示している。
    メモリを増設したならば必ずメモリテストを掛けよう。
    ラボでの検証ではMEMTEST+86を最初1回廻した時にはエラーは出ていなかった。エンドレスで実行し、一晩実行してこの画面が出ていた。

    メモリテストの使い方は次で紹介している。

    Aspire AS5750-F58D/LK メモリ増設 / メモリ交換 / メンテナンスマニュアル(メモリテストツール MEMTEST+86 usb 起動 活用)


    http://eeepc.dnki.co.jp/?eid=1106721


    ------> 割り込み記事終わり


    [クリックで拡大]

     再び閑話休題。
     ハードディスクの外し方を紹介する。
     ハードディスクは画像の矢印のほうにスライドすると外れる。


    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 ディスク 増設
    [クリックで拡大]


    3.CrystalMark2004によるベンチマークテスト
     なぜ最初にメモリを増設したかがここで判る。
    ノートPCが普通に16GBを搭載する時代になった。もっとも普通だとメモリの使い道が思いつかないだろう。

     今回の実験は「大メモリ=高速化」の提唱実験が主眼であるのだ。
    PCの高速化ソフト「プチフリバスター」がVer3.2になる。当版の販売開始は4/9日本日だ。
    ※例外的にダウンロード販売のベクター社は4/10日開始予定だ。
    ※それ以外の販売は全てVer3.2に切り替わっている。正式アナウンスは1日遅れの4/10日。べ社の更新を待って正式アナウンスする予定である。
    ※従来の正規ユーザには無料アップデータを配布する。

     プチフリバスターとはSSD、ハードディスクに高速化するソフトウェアだ。高速化にメモリを割り振る。割り振るメモリが大きいほど高速化する。

    ★★★最強のWindows PCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ
    PR

     Ver3.2になり指定可能なメモリサイズが最大64GBに増大した。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設
    [クリックで拡大]

     Ver3.2の制御画面。Ver3.2よりパソコンが実装する全メモリの範囲内で指定するようにした。もちろん制限として現在最大64GBにしている。

     図中で約17GBとなっているのはK,M,Gを1000単位とするか1024とするかのカウントの違いのようである。

     ここでは非常識であるが12GBを割り振る。
    常識的には空きメモリの2割り。あるいは、100%余っているメモリの範囲内で指定する。


    [クリックで拡大]

     Ver3.2を導入後の高速化したスコアがこの画像。


    [クリックで拡大]

     導入前と導入後を図にまとめる。
    おそらく業務用のコンピュータグラフィクス処理、CAD/CAMが劇的に高速化すると思われる。

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 ディスク 増設 CrystalDiskMark ベンチマーク 高速化
    [クリックで拡大]

     こちらはディスクの測定に特化したCrystalDiskmarkによるベンチマーク。いや驚いた。ZENBOOKの時に同様の結果が出ていたのだが、最新のマシンがこれほど高スコアを叩き出すとは驚きだ。

     Cドライブはシステム(Windows)が同居しており常にシステムを読み書きしている。従いCドライブは他のドライブに比較して余り高速化しないものなのであるが・・・例えばDドライブとかだと案外簡単に高スコアを叩きだせる。



    4.MHF絆 ベンチ, FF XIベンチマークテスト
    MHFベンチマーク【絆】
    Aspire AS5750-F58D/LK 16GB メモリ増設 MHF絆ベンチ MHF絆スコア FFベンチ FFスコア FF XI ベンチ FF XIスコア
    [クリックで拡大]
     モンスターハンターフロンティア絆のベンチは2268であった。
    これはFF XIベンチでも同じ傾向であったが初回のスコアが僅かに良い。2回目以降スコアが少しだが落ちる。

     推測なのだが、グラフィクス処理の発熱がすごい。オーバーヒートすると処理を落として冷却調整をしているためではないかと思う。

     初回、スコアが良いのは筐体に熱が溜まっていないからではないかと感じる。

    FINAL FANTASY XI ベンチマーク
    Aspire AS5750-F58D/LK 16GB メモリ増設 MHF絆ベンチ MHF絆スコア FFベンチ FFスコア FF XI ベンチ FF XIスコア
    [クリックで拡大]

     値だけでは寂しいので、オープニングの画像を入れる。

    Aspire AS5750-F58D/LK 16GB メモリ増設 MHF絆ベンチ MHF絆スコア FFベンチ FFスコア FF XI ベンチ FF XIスコア
    [クリックで拡大]

     スコアは6715であった。

     ゲーム系のベンチマークテストはひたすらグラフィクスとCPUの処理能力で決まるように見える。PFBを入れても入れなくもスコアに変化はなかった。



     PR
    ★★★最強のWindows PCを作る!
    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ
    PR


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM