ASUS U24E PX2430R メインメモリ16GBの増設は可能だろうか? ベンチマーク 評価 テスト

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
      ASUS U24E
     現時点でASUS一番の売れ筋マシン、U24Eを入手した。早速、評価テストする。4万円台でCore i5搭載、メモリは2スロット内蔵で1スロット空き、1スロット4GB搭載機だ。ユーザが増設した場合、最大16GB搭載可能と思われる。HDDは標準的な2.5インチ搭載。価格総合性能比一番のハイスペックマシンだ。重量は1.5Kg。

    2012.08.04.追記:16GB化実験は次の記事にて上梓。
    ASUS U24E 16GB化実験、PX2430 ベンチマーク 評価 テスト

    PR□□□□□□
    ★★★最強のZENBOOKを作る!

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR

    Ω.総評
    U24E ベンチマークテスト
    [クリックで拡大]

     本機はある意味、64ビットOSの最大性能を引き出す予感がある。このベンチは工場出荷時に対してPFBによる高速化を行ったもの。メモリは4GB実装のうち2GBを割り振った。目一杯振ってテストした。
     ただし、もし、ユーザがメモリを増設したならば最大8GB×2=16GBとなり8GB振っても余裕のある超大排気量設計となっている。

     安定した拡張性。これが本機の最大の特徴だ。

    ※本機は工場出荷で4GBメモリ搭載。メモリを増設する時には自己責任で実施の事。

    sdカード hdd化
    [クリックで拡大]

     本機はその汎用性から大容量低速のHDDから低容量高速のSDに換装するケースが多いだろう。その場合、不足しがちな容量もSDカードで補助できる。

    U24E SDカードのハードディスク化
    [クリックで拡大]

     これはSDカードをPFBの標準添付ソフトF2Dx1でハードディスク化したところ。気になる速度は次のとおり。

    u24e sdカード ハードディスク化
    [クリックで拡大]


    1.ファーストインプレッション
     開封から時系列で紹介しよう。

    ASUS U24E

    まず開封
    表面はアルミボディにヘアライン加工されている。

    箱の両サイドはバッテリーとアダプタが梱包。



    開封したところ。
    左から電源、本体、そしてとマニュアル一式とドライバ一式だ。
     リカバリディスクはない。本機は購入時、セルフサービスでリカバリディスクを作る形式をとる。

    U24E 電源ボタン

    電源スイッチの周りである。

    ASUS U24E
    [クリックで拡大]

    本機の左側である。

    左からRGB端子、HDMIコネクタ、USBコネクタがある。


    ASUS U24E
    [クリックで拡大]

     本機の右側である。

    ASUS U24E 重量
    [クリックで拡大]

    続いて重量を測りたい。


    [クリックで拡大]

    重量は1.47kg

    4万円台のパソコン中では軽い方だと言える。

    ASUS U24E バッテリー
    [クリックで拡大]

    バッテリの重量を測る。


    [クリックで拡大]

    バッテリ重量320gだ。


    U24E ZENBOOK
    [クリックで拡大]

    ZWNBOOK UX21Aとのサイズの比較


    U24E UX21A
    [クリックで拡大]



    2.U24E起動

    U24E 起動
    [クリックで拡大]

    これが起動時の標準画面だ。

    U24E プロパティ
    [クリックで拡大]

     PCのプロパティを見る。
    メインメモリ4GBを見て取れる。


    3.ベンチマークテスト各種
    3.1.CrystalDiskmark3によるベンチマーク

    U24E ベンチマーク

     CrystalDiskmark3によるベンチマーク。テストデータは50MB。
    左が工場出荷状態での評価。右側がラボで開発しているPFB(プチフリバスター)導入後のベンチマークである。キャッシュメモリには目いっぱい大目、2GBを割り振っている。


    U24E ベンチマークテスト
    [クリックで拡大]

    CrystalDiskmarkのテストデータを1GBにして追試する。
    常識的には50MBがベストと思われる。通常の用途で常時ディスクへのアクセスは50MB未満と言えるからだ。
     しかしCrystalDiskMark3そのものが初期状態で1GBをテストデータとする設定になっていることもあり測定する。

     左側が工場出荷状態のU24Eのハードディスクの速度。右側がプチフリバスターを導入し2GBのキャッシュメモリを設定した結果だ。



    3.2.XYZSSDTESTによるベンチマーク

     新手のベンチマークソフトを入手した。XYZSSDTESTがそうだ。
    http://homepage3.nifty.com/x--y--z/XYZSSDTest/XYZSSDTest.htm

     このソフトを使うときの注意点は、スコアを時間で測っていること。つまり、スコア(測定に要した時間)が短いほど性能が良いということだろう。
     ラボで開発したPFM(Pettite Freeze Mater)もそうなのだが時間を計るのが作りやすいのだ。
     XYZSSDTESTは設計思想はPFMに近いようである。マルチスレッドで同時に複数の処理を起動するもののようだ。

    U24E XYZテスト
    [クリックで拡大]

    XYZSSDTESTはこのようなルックアンドフィールだ。
    この図はUX21Aの工場出荷状態にてテストを行った。
    トータルでテストにかかった時間は58888msだ。
    ※msは0.001秒のこと。

    グラフが振り切ってしまっている。

    U24E XYZ test
    [クリックで拡大]

    こちらはプチフリバスターを入れたて測定した。
    キャッシュメモリに2GBにしている。
     所要時間は3874msだ。おおむね15倍高速化している。


    3..CopySpdBench0.3によるベンチマーク
     CopySpdBench0.3はLansen氏の開発したベンチマークソフトだ。
    http://d.hatena.ne.jp/Lansen/20081003/1223054467
    実際に100個、1000個のファイルを生成コピーして計測する。フォルダーコピーをモデル化したベンチマークとは言えるだろう。転送モードは複数検証しておりハードに近いレイヤーのファイルアクセスとアプリに高いレイヤーのファイルアクセスを検査する。

    U24E copyspdbench
    [クリックで拡大]

    ---------- U24E 工場出荷状態 ----------
    CopySpdBench Build: [Sat Oct 25 17:01:27 2008]

    OS: Unknown

    Disk C: Capacity: Total=293.029[GB] Free=266.971[GB]

    LL C: 100M (Buffer: 64K)    1File(s)  5Trial(s) : Average: 25.789[MB/s] (  3.878[sec])

    LL C: 512K (Buffer: 64K)  200File(s)  5Trial(s) : Average: 14.002[MB/s] (  7.142[sec])

    LL C:   4K (Buffer: 64K) 1000File(s)  5Trial(s) : Average:  1.039[MB/s] (  3.761[sec])


    3.4.Crystalmark2004R3によるベンチマーク
    U24E ベンチマークテスト
    [クリックで拡大]

     工場出荷状態における測定結果を示す。

    U24E ベンチマークテスト
    [クリックで拡大]

    3.5.Windows エクスペリエンス インデックスによるベンチ
    U24E ベンチマークテスト
    [クリックで拡大]


    3.6.ゲーム系、MHF絆 ベンチ, FF XIベンチマークテスト
    MHFベンチマーク【絆】
    MHF絆 ベンチ
    [クリックで拡大]
     モンスターハンターフロンティア絆のベンチは1610であった。
    ※画像の中央に本来はスコアが出る。同じ画像を引き回す都合上、モザイクをかけている。


    FINAL FANTASY XI ベンチマーク
    Aspire AS5750-F58D/LK 16GB メモリ増設 MHF絆ベンチ MHF絆スコア FFベンチ FFスコア FF XI ベンチ FF XIスコア
    [クリックで拡大]
     こちらはFinal Fantasy XI Officeal Benchmark 3だ。
     値だけでは寂しいので、オープニングの画像を入れる。
    スコアは6869であった。

    PR□□□□□□
    ★★★最強のZENBOOKを作る!

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR


     

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM