ネットブックの後継・Acer Aspire One 722 AO722-CM303 高速化 拡張 メモリ増設 8GB化

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化
    [クリック]

     Acerから実勢価格25000円というネットブックが出た。
    重量は約1.36Kg。概観デザインは一般的なものだ。
     ASUS U24Eが中級ジープとすればこちらは軽ジープという所だろうか。
    両方に共通することは拡張性が高いことだ。
    ★★★最強のAcer Aspire One 722を作る!

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR


    α.総評
     カバンに入り、持ち運びのできるWindowsが25000円というのは隔世の感がある。
    大ヒットしたiPad/アンドロイドタブレットと同じ価格帯だ。
     ネットブック、タブレット、再びネットブックと時代が回転した印象がある。ただ値段だけは競争により下がったのだろうか?

     少し矛盾するようだが、本機は初心者とヘビーユーザに向いているように思われる。
    初めてパソコンを購入する初心者にこの価格は優しい。新入学の学生が授業で使用するPCとして本機は最適と思われる。

     また、複数のPCを持ち、自分の用途をシャープに認識するヘビーユーザにも向いていると思われる。本機の処理能力を十分理解しているならば安い買い物である。

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 タスクマネージャ
    [クリックで拡大]

     タスクマネージャを起動した所。【空きメモリ】を見て欲しい。
    21MBしかない(´・ω・`)

     本機を購入状態での使用は薦めない。
    メモリを出来れば8GB,最低でも4GBに増やすべきだと思うからだ。
    さくっとメモリを8GBに増やしたところ、Windowsの起動時間が半分になった。これほどメモリの影響は大きい。

    内蔵メモリサイズ
    Windows起動時間
     2GB(工場出荷状態) 102秒
     4GB 47秒
     8GB 47/52秒※1
    ※1:8GBに単純にすると、仮想記憶の設定が8GBとなその設定だけ遅くなる。仮想記憶を手動にて4GBとすると4GBと同じ47秒に高速化する。

     DDR III 1333 4GB メモリ 増設 拡張 改造 実験
    [クリックで拡大]

     テストで使用した4GBのメモリは手持ちの適当な物を使用した。
    8GBはCFD製のメモリを使用。上述の画像は4GBのものだがこれの8GB版を使用した。


    [クリックで拡大]

     内蔵メモリ8GBに増設し、そのうち4GBをPFBを使用してCドライブにキャッシュメモリを振り計測した。PFBの設定は1秒の高速モードを選択した。
     このように潤沢なメモリを積むと色々と融通が利くようになる。

     同様にこの状態でCrystalDiskMark2004R3にかけたところ。ディスクの性能が底上げされスコアが2倍近くになっている。


    [クリックで拡大]

     やはりメモリは8GBへの増設を勧める。
    4GBでは64bitOSを搭載している恩恵がまったくないことに尽きる。
    8GB乗せるからこそ、Windows7-64bitの性能を引き出せるからだ。

    RAMDA

     詳細は別項に譲るとしてラボで無料配布しているRAM-DISK「RAMDA」を導入して8GBの実メモリのうち4GBでRAM-DISKを作った結果を紹介する。


    AO722 RAM-DISK 8GB
    [クリックで拡大]

     F:ドライブに4GBのドライブを作った。3.89GBとして認識している。1GBは16進数で切の良い1048576バイトで計算しているので小さめだ。

    AO722 RAM-DISK
    [クリックで拡大]

     これをCrystalDiskMark3で測定した。
    ハードディスクに比べ目もくらむ高速が判るはずだ。

     ここではテストで4GBとしたが、実際には1〜2GB程度が賢明だろう。


    1.拡張性
     本機は拡張性に優れる。

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 拡張性の余地あり
    [クリックで拡大]

     裏フタを空けたところ。
     左から2.5インチHDD、その下にMini PCI Expressスロット接続のWi-Fiカードが刺さっている。特筆すべきはWi-Fiの振り分けの反対側にMini PCI Expressスロットが空いていることだ。

     右側にはメモリカードが刺さっている。工場出荷状態では2GB、Windows7を動かす上でぎりぎりであるが現在8GBのメモリが4千円で手に入る。そしてその下に謎のランドがある。ここはプリントを見るに本来メモリスロットを予定していたと思われる。

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 WiFi
    [クリックで拡大]

     Wi-Fiのピックアップ写真。


    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 MiniPCI Express
    [クリックで拡大]

     未使用のMini PCI Express端子。

     フタのあけ方は簡単だ。

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 蓋の開け方
    [クリックで拡大]

     背面。赤で囲んだ所に封印シールがある。このシールの裏に螺子がある。この螺子を外すとフタがあく。


    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 螺子
    [クリックで拡大]

     螺子を外したところ。螺子を外し、手前にスライドさせるとフタが外れる。
    非常に簡単である。


    2.ベンチマーク


    ここでは工場出荷状態でのベンチマークを計る。


    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 CrystalMark2004R3のベンチ
    [クリックで拡大]

     CrystalMark2004R3でのベンチマーク。

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 Windows エクスペリエンス
    [クリックで拡大]

     Windowsのエクスペリエンスインデックスを示す。3.3である。
    ちなみに筆者が普段使っている


    3.6.ゲーム系、MHF絆 ベンチ, FF XIベンチマークテスト
    MHFベンチマーク【絆】
    MHF絆 ベンチ
    [クリックで拡大]
     モンスターハンターフロンティア絆のベンチは542であった。
    ※画像の中央に本来はスコアが出る。同じ画像を引き回す都合上、モザイクをかけている。


    FINAL FANTASY XI ベンチマーク
    Aspire AS5750-F58D/LK 16GB メモリ増設 MHF絆ベンチ MHF絆スコア FFベンチ FFスコア FF XI ベンチ FF XIスコア
    [クリックで拡大]
     こちらはFinal Fantasy XI Officeal Benchmark 3だ。
     値だけでは寂しいので、オープニングの画像を入れる。
    スコアは2392であった。



    2.ファースト(?)インプレッション

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 化粧箱
    [クリックで拡大]

     化粧箱。


    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 内容物
    [クリックで拡大]

     梱包の内容物。本体およびソフトケース。右側にバッテリ。そしてACアダプタだ。
    ACアダプタはアタッチメントで世界対応する形式でもっさりしている。


    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 重量
    [クリックで拡大]

     重量は約1.35Kg。モバイルで許容されるぎりぎりの重量となっている。



    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 右側
    [クリックで拡大]

     左サイド。左から電源ジャック、イーサネットアダプタ、RGM端子、USB、HDMI端子がある。


    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 左側
    [クリックで拡大]

     右サイド。左からSDカードスロット、マイク&イヤホンジャック、USB×2の構成となっている。



    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 ASUS U24Eとの比較
    [クリックで拡大]

     左側がASUS U24Eだ。この両者は重量大きさ共にだいたい同じだ。
    拡張性までよく似ているのだが搭載しているCPUセットの馬力の違いから中級ジープと軽ジープほどの差が出ている。

     現在の実勢価格はU24Eが45千円、AO722が25千円。2万円の価格差に何を求めるかで両者の違いがあると思えば良いだろう。

    Acer Aspire One 722 AO722-CM303 評価 ベンチマーク 高速化 ASUS U24Eとの比較
    [クリックで拡大]

     両者を重ねたところ。厚さも大体同じだ。



    Acer Aspire One 722 AO722-CM303
    [クリックで拡大]

     フタをあけたところ。このキーボードは好感が持てる。


    PR□□□□□□
    ★★★最強のAcer Aspire One 722を作る!

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM