Windows8 Release Preview+MSI WindPad 110W 高速化・評価・レビュー

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    MSI WindPad 110W レビュー 仕様 検討 性能を比べる
     MSI WindPad 110WにWindows8 Release Preview(先行評価版)を導入した。
    う〜〜ん・・微妙だ。Windows8はようやく出たタッチパネルOSという側面がある。
    110WはWindowsのソフト資産が全部使えるというのがウリのPCである。Windows8がこなれるためにはもう2揉み程必要であると感じた。
    PR
    MSI WindPad 110W ACアダプタ 電源 4*1.7 12V 1.5A 18WMSI WindPad 110W L字型プラグ 延長ケーブル 1.5m
    MSI WindPad 110W 用L字型 ACアダプタ 電源 1980円 WindPad 110W 用 L字型1.5m延長ケーブル 980円


     これにWindows8を導入した。
    Windows8は先行プレビュー版をテスト用に無料配布している。

    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/download

     iso形式で配布しているデータをDVDに焼き込みインストールする。
    インストールの際、プロダクトIDを聞いてくるので事前にプロダクトキーをメモっておく。プロダクトキーはWebの日本語のところにある。




    MSI WindPad 110W ドッキングステーション 皿立て CROSU2H CROSU3H 裸族のお立ち台Hubプラス
    [クリックで拡大]

     110WにはUSBポートが一つしかない。
    従い、Windows8を入れるにあたりUSBハブがあると良い。
    ラボではこのようにハードディスクI/F一体型USBハブを使用している。
    このUSBハブに次の追加を行った。
    ※利用するハブは絶対に有電源型を選ぼう。何かと安定している。

    ■CD/DVDリーダー


    u24e ssd換装 バックアップ pbtm

     おっと、ラボでは事前にバックアップツール「PBTM」でバックアップしている。何時でも元に戻せる体制をもって望んでいる。もちろん割り切って工場出荷状態に戻すリカバリディスクでも良い。

     さて、MSは現在、Windows8はMSが先行プレビュー版をテスト用に無料配布している。

    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/download

     iso形式で配布しているデータをDVDに焼き込みインストールする。
    インストールの際、プロダクトIDを聞いてくるので事前にプロダクトキーをメモっておく。プロダクトキーはWebの日本語のところにある。



     インストールが終わり起動するとこのような画面が出る。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     マウス・キーボードを接続しているのでここまではノートラブルで出来た。

    ■インストール後はタッチパネルは正常に作動する
    ■右上のポインティングデバイスも作動する
    ■内蔵Wi-Fiユニットも作動する
    ■内蔵SDカードリーダは作動せず(H/Wの故障の可能性あり)

    これらがない場合は判らないインストール時にメニュー選択、プロダクトIDを入れる時にタッチパネルが認識するかは確認していない。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     Windows8 Release Previewは標準で20GBの容量を必要とする。
    実際に入れた所、18.7GB使用している。

     Windows8 Release Previewを入れるにはディスク容量はOSは1/3以内の原則から60GBが一つの目安となる。

     32GBではちと苦しい。

     当初、110WのWindows7にアップデートインストールをかけ、各種設定を引き継がせようとしのだが、工場出荷時ですでに空き容量が20GB切っているので断念した。先住OSのWindows7が11GB食っているのである。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     Windows8の旧OS互換モードと言えるデスクトップ。
    Release Previewということもあり何もない。

     現在、2chで大問題になっている。

    ■スタート(プログラム)メニュー抹殺

     2代前の先行リリース版、Developer Preview(開発者向け評価版)からスタートメニューが削除。ただしレジストリの設定で復活可能。
     次のConsumer Previewから完全抹殺されたとのこと。
    このあたり製品出荷あるはサービスパックで揺れそうである。

     Windows8製品版では復活するかもしれない。
    あるいは現在のGUIでGoし、市場からの反発からSP1で復活するかもしれない。

     サードベンダーレベルではフリーウェア、ショートカットで代替していく事になるだろう。
     Windowsのスタートメニューのアイディアは1991年前後から市場投下されたアップル社のSystem7(MacOS7)の発明だろう。

     ショートカット専用フォルダをOSが用意し、その中に入っているショートカットを階層メニューで自動表示するというものであった。

     Windows7のスタートメニューも実態は同じで用はショートカットで実現している。嘘だと思うならば、次のフォルダを開いてほしい。

    C:¥Users¥****¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥Start Menu
    ※****はユーザのログイン名。

     チープにはこのフォルダのショートカットデスクトップに貼り付ければスタートメニューもどきが完成する。

    Windows8 スタートメニュー
    [クリックで拡大]

     デスクトップのどこか適当な所をマウスの右ボタンを押してボップアップを出す。新規作成、ショートカットを選択する。

    Windows8 スタートメニュー
    [クリックで拡大]

     リンク先にスタートメニューのパスを入れる。
    するとこのようになる。


    [クリックで拡大]

     出来上がったショートカットを開くとこの階層構造を得る。
    階層構造、フォルダ名がスタートメニューをトレースしたものだとわかる。
    いや、厳密には逆だ。この階層構造をトレースしたものをメニューバーで表示したもの。それがスタートメニューだったのである。

     おっと、もう一つ。このアイディア、実装はアップル社により1971年ころに行われた。MSはそれをそのまましたわけではない。たぶんWindows2000から仕様を拡張している。つまり、そのPCを触る人全員用のメニューとログインユーザ毎のカスタムメニューという区分けを行った。

     実際は、次のショートカットフォルダ集と対でスタートメニューを出すようにした。いや、逆かな。最初はこちらで次に上記のショートカットだろうか。

    C:¥ProgramData¥Microsoft¥Windows¥Start Menu¥

     2つあることでもう読者はピンと来るだろう。

     正式には後日、紹介するが、ラボでは「Touch Menu」というフリーウェアを出している。マウス操作に最適化したWindowsを何とかタッチパネルで使いやすくすると作った。

    タブレットPC 操作性をよくするソフト Touch Menu Windows
    http://touchmenu.dnki.co.jp

     「Touch Menu」はタスクバーに登録する形式を取る。
    「Touch Menu」デスクトップPCでも案外というか結構使いやすく、筆者のデスクトップ常備している。「フォルダ整理=自動メニュー化」という成果を出している。


    [クリックで拡大]

     「Touch Menu」を入れるとWindows8はこうなる。
    タスクバーをワンタッチすると「スタートメニュー」の元となるショートカットフォルダへのリンクを展開する。


    1.Windows8上における110Wのベンチマーク

     とりあえずベンチマークをとる。
    CrystalMark2004R3によるベンチマーク。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     次に、PFBを入れて再度テスト。
    この110Wは8GBにメモリ増設しているので潤沢なメモリに物を言わせ4GBのキャッシュメモリをふり、1秒の高速モードを指定した。

     PFBはVer3.3A(2012.08.26ビルド)からWindows8に対応する。PFB本体はVer3.3(2012.08.10ビルド)と同じである。Ver3.3とVer3.3Aの違いはインストーラの違いである。インストーラ周りでメンテナンスが必要であった。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     次にCrystalDiskMark3のベンチマークを取る。
    まずPFBをOFFにした状態での計測である。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     こちらはPFBをONにしてのベンチマーク。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     このとおり、PFBのメカニズムが作動している。喜ばしいことだ。



    [クリックで拡大]

     最後になったがWindowsエクスペリメントのスコアをアップしておく。
    PFBはONの状態でスコアをとったのでディスクのスコアが上限に振れている。

    ★★★最強のWindPad 110Wを作る!高速化ソフトプチフリバスター
    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM