Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    ASUS U24E 16GB化実験、PX2430  ベンチマーク 評価 テスト
    [クリックで拡大]

     U24EにWindows8を入れる。
    U24EはWindows7をフルキックするCPUパワーを備え、現実的にはWindows8を入れるメリットはないだろう。人柱として実験してみた。
    ただPCの起動時間はW8はW7より速い。このU24EはSSD化されWindows7が27秒くらいで起動していたと思うが、それが15秒で起動するようになった。とはいえ、Windows8はタッチパネルPCに最適化しすぎている。タッチパッド&マウスを主軸としたU24Eとは相性が悪い。
    ★★最強のU24Eを作る!高速化ソフトプチフリバスター
    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ


    1.Windows8-64bit導入
     Windows8の導入は前回の110Wと同じだ。ルーチンワークだが記載する。Windows8 Release Previewはテスト用なのでいづれ使えなくなる。
     事前にバックアップツールでバックアップを取る。

    u24e ssd換装 バックアップ pbtm

     ラボでは自作のフリーウェア「PBTM」でバックアップしている。もちろん割り切って工場出荷状態に戻すリカバリディスクでも良い。

     MSは現在、Windows8はMSが先行プレビュー版をテスト用に無料配布している。

    http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-8/download

     iso形式で配布しているデータをDVDに焼き込みインストールする。
    インストールの際、プロダクトIDを聞いてくるので事前にプロダクトキーをメモっておく。プロダクトキーはWebの日本語のところにある。



     インストールが終わり起動するとこのような画面が出る。

    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     Windows8はこの画面を今後のGUIの主軸にしたいようである。
    PCを起動するとこのメニュー画面が現れ、必要なボタンを押すとメールやブラウジング、ワープロ操作が出来る。

     後述するが従来のWindowsとの互換画面としてデスクトップを用意しているのだが、デスクトップで動かしたプログラムは自動的にメニューに追加される。

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]

     普通に使うとモニタから溢れて気がつかないが、メニューの一番右脇にこのように過去起動したプログラムがメニューとして出る。

     従来のWindowsとの互換画面は次のメニューを選択する。

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー


     正直なところ、マウス+キーボード型PCでは最初からデスクトップを出してくれた方が親切だと思われる。


    Windows8 Release Preview + MSI WindPad 110W
    [クリックで拡大]

     Windows8の旧OS互換モードと言えるデスクトップ。
    Release Previewということもあり何もない。

     ここまでノートラブルで出来た。

    ■インストール中、インストール後、標準のタッチパッド、キーボードは正常に作動する
    ■内蔵Wi-Fiユニットも作動する
    ■サウンドも正常動作
    ■内蔵SDカードリーダは作動せず

     前回の110Wに引き続き、内蔵SDカードリーダは作動しない。
    これはおそらくドライバの不足か試用版としての機能制限と思われる。


    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]


     Windows8 Release Previewは標準で28.5Bの容量を必要とする。
    前回の110Wでは20GB使用であった。ずいぶんと揺らいでいるOSがCドライブの容量を見て変化しているのが真相のようだ。
     Windowsの隠れファイルの表示をONに設定すると丸見えになる。

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]

     これはCドライブの隠れファイルを曝したところである。
    ハイバネーションファイルが6.6GB,仮想メモリ用のページングファイルが4.7GB,および得体の知れないswapfile.sysが260MB出来ている。

     仮想メモリ用の管理はWindows,Linux(Unix)それぞれの陣営で呼称が異なる。
     Windowsではページングと良く読んでいる。これがLinuxだとスワップファイルと良く読んでいる。

     上述のswapfile.sysとは何であろうか?・・・

     さて、そのようなわけで、U24Eで使用量が増えているのはハイバネーション、仮想メモリ関連のファイルサイズの相違と思われる。

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]

     タスクマネージャからパフォーマンスを見る。
    おおむね1GBメモリを消耗するOSのようである。
     VISTA, Windows7直系としては順当なところだ。
    VISTA-32bitはOS本体が700MBくらい消耗していたように記憶する。スーパーフェッチという高速化オプションがメモリ大ぐらいでそれだけで1GB近く消耗しVISTAは2GB以上ないと満足に動かないという伝説が生まれたのはスーパーフェッチが原因である。


    2.スタートメニューの補填
     Windows8を導入した直後は大抵の場合、既存のWin用ソフトはほとんど使えない。スターとメニューがなくなったため呼ぶに呼べないのである。
     というわけで真っ先にフリーウェア「Touch Menu」を入れて最低限度の保障をする。

    タブレットPC 操作性をよくするソフト Touch Menu Windows
    http://touchmenu.dnki.co.jp

     「Touch Menu」はタスクバーに登録する形式を取る。
    「Touch Menu」デスクトップPCでも案外というか結構使いやすく、筆者のデスクトップ常備している。「フォルダ整理=自動メニュー化」という成果を出している。


    [クリックで拡大]

     「Touch Menu」を入れるとWindows8はこうなる。
    タスクバーをワンタッチすると「スタートメニュー」の元となるショートカットフォルダへのリンクを展開する。このリンクから既存のソフトを実行できる。

    2.ベンチマーク

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]

     Windowsエクスペリエンスのベンチマークを最初に示す。

    MHFベンチマーク【絆】
    MHF絆 ベンチ
    [クリックで拡大]
     モンスターハンターフロンティア絆のベンチは1655であった。
    ※画像の中央に本来はスコアが出る。同じ画像を引き回す都合上、モザイクをかけている。
    ※前回のWindows7上でのスコアは1610。

    FINAL FANTASY XI ベンチマーク
    Aspire AS5750-F58D/LK 16GB メモリ増設 MHF絆ベンチ MHF絆スコア FFベンチ FFスコア FF XI ベンチ FF XIスコア
    [クリックで拡大]
     こちらはFinal Fantasy XI Officeal Benchmark 3だ。
     値だけでは寂しいので、オープニングの画像を入れる。
    スコアは6617であった。
    ※前回のWindows7上でのスコアは6869。

     および、ベンチマークテストが終了し、コマーシャル映像えの切り替わりで異常終了する。

          ***
            ***

     ゲーム系のベンチでWindows8はWindows7と大きくは変わらないとは指摘できそうだ。恐らくGUIの流れが大きく変わっただけで基本機能は変化内容である。

     総合テスト系のベンチを行う。

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]

     CrystalMark2004R3でのベンチマーク。
    このU24Eは工場出荷状態からメモリを4--> 8GB, HDD750GB --> SSD 80GBに増設していることを述べておく。
    SSDはインテル530シリーズ80GBにしている。

    Windows8 Release Preview+ASUS U24E 高速化・評価・レビュー
    [クリックで拡大]

     プチフリバスターを入れた上でのベンチマーク。
    Windows8上でPFBが効率よく動いているのが判る。

    ★★★最強のU24Eを作る!高速化ソフトプチフリバスター
    Windows 高速化 プチフリバスターWindows 高速化 プチフリバスター
    ---> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ---> プチフリバスター技術詳細ページ


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM