メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A レイテンシ比較 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

     今回はかなりマニアックなレポートを届ける。
    と同時にU24A級以上で意味があるように思う。
    搭載するメモリによる性能の変化を調べる。買うならばどのメモリが良いかという質問への回答となる。
    PR□□□□□□
    ★★最強のU24を作る!高速化ソフトプチフリバスター

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ

    ―> プチフリバスター技術詳細ページ
    □□□□□□□□□PR


    1.メモリの種類

     正直言ってこれはやりすぎだろうか?・・・
    ATOM級だとどんなに高速化しようとしてもディスク転送で800Mバイトが良い所だ。しかしU24Aだと6000Mバイト位平気で到達する。ここまで処理能力が大きいとボチボチメモリの性能が気になってくる。


    U24Aの製品仕様:
    製品名/型番/本体カラー
    U24A: U24A-PX3210(シルバーブルー)、U24A-PX3210R(レッド)
    CPU
    インテル® Core™ i5-3210M プロセッサー
    メインメモリ
    4GB(DDR3-1600)

     WikipediaよりU24Aで使用するDDR3規格の要点抜粋。

    チップ規格 モジュール
    規格
    メモリクロック
    (MHz)
    バスクロック
    (MHz)
    転送速度
    (GB/秒)
    DDR3-800 PC3-6400 100 400 6.400
    DDR3-1066 PC3-8500 133 533 8.533
    DDR3-1333 PC3-10600 166 667 10.667
    DDR3-1600 PC3-12800 200 800 12.800
    DDR3-1866 PC3-14900 233 933 14.933
    DDR3-2133 PC3-17000 266 1066 17.067
    ■現在ノート用に一般的に入手できるモデル。
    ■デスクトップ用ではあるようだがノートではないと思う。

     実はこれ以外にも標準規格に制定されていない海山状態の拡張品がある。今回評価するものに赤色を付けた2つだ。 これは現在、U24Aで用途で現実的に購入できるものである。

     しかし、この「チップ規格」と「モジュール規格」とは何であろうか?・・・紛らわしいので要注意だ。例えばメーカ・パッケージによってはDDR3-1600と記載したりPC3-12800と記載する場合があるだろう。どちらも同じ意味となる。

     現在のパソコンとは小細工の塊である。致し方ない事ではあるが・・・表中、メモリクロックとバスクロックという2つのクロックがある。マザーボードの構成を図にしよう。

    メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD

     コンピュータというのは概ねこういう構造をする。
    マザーボードにはバスあるいはバスラインという通信回線が這い回っている。ここにCPUとか各部品をぶら下げて接続する。

     バスというのは、道路を走っているあのバスである。昭和の遺物チンチン電車の方が我々には判りやすいだろうか。バスというのは和製英語ならぬ技術英語か。

     バスは日本人には道路あるいは鉄道のレールと訳した方が判りやすいか。あるいはバス・ラインつまりバスの走るライン(路線)というほうが判り易いだろうか。

     要はマザーボード内の部品用の通信回線のことである。

    ■バスクロック:このバスラインの通信で使用するクロック(周波数)のことである。
    ■メモリクロック:メモリカード内部で使用するクロックという意味だと思う。

     良く、「CPUクロックはパソコンの速度」というのは「≒」という意味では正しく「=」という意味では間違っている。

    2.今回の評価対象

    Aspire AS5750-F58D/LK 分解 メモリ増設 DDR3 8GB
    [クリックで拡大]

    W3N1333F-8G [SODIMM DDR3 PC3-10600 8GB 2枚組]現在、6741円、2012.09.18現在。

     DDR3-1333、PC3-10600と呼ばれるのものだ。

    メモリ増設16GB化 ASUS U24A レイテンシ比較 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

     こちらはトランセンド JM1600KSH-8G [SODIMM DDR3 PC3-12800 8GB]である。
     @3665円×2=7330円。

     両者の価格差は589円である(´・ω・)。
    どちらが買いか?・・・

    3.評価
     まず事前、このU24AはSSD化している。従い、ディスクのスコアが非常に良い事を述べておく。
    SSDはインテル SSD シリーズ320シリーズ80GBが入っている。
     CrystalMark2004R3で評価する。

    メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

     CrystalMark2004R3のメモリのベンチが端的に測定してくれた。
     両者のReadとWriteは規格どおりトランセンドが高速である。両者の相違はほぼ規格どおりという印象を得る。

     ただし、ChashだけCFDが高いスコアを出している。Chashとはキャッシュである。

     推測だがメモリカードの中にはキャッシュ用の特別な高速作業用メモリがありそれの速度という意味と思われる。

     以上より要点は2つ。

    ■基本機能は規格どおりDDR3-1600のトランセンドが優れている。
    ■ただし、DDR3-1333のCFDもキャッシュ機構で高速化の工夫をしている。


     とは評価可能と思われる。
     では各種ベンチで相違を見る。


    3.1.CrystalMark2004R3の総合

    ■トランセンド DDR3-1600
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

    ■CFD DDR3-1333
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

     メモリだけでなく全体的にトランセンド DDR3-1600のほうが高速化している印象がある。
     CPUの処理データは全てメモリ経由で動く。従いメモリの速度がCPUに影響を与える可能性は非常に高い。

    3.2.Windows エクスペリエンス
    ■トランセンド DDR3-1600
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

    ■CFD DDR3-1333
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A DDR3-1333.vs.DDR3-1600 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]


    3.3.RAM-DISK によるベンチ

    メモリ増設16GB化 ASUS U24A レイテンシ比較 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

     4GBのRAM-DISKを切り、CrystalDiskMark3でベンチを取る。RAM-DISKはフリーウェアのRAMDAを使用した。

    RAMDA
    http://ramda.dnki.co.jp/

    メモリ増設16GB化 ASUS U24A レイテンシ比較 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]

     このように設定した。

    ■トランセンド DDR3-1600
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A レイテンシ比較 トランセンドとCFD
    [クリックで拡大]


    ■CFD DDR3-1333
    メモリ増設16GB化 ASUS U24A レイテンシ比較 トランセンドとCFD

     もう少し差が出るかと思われたが気持ち、虎の勝ちというところか。仕様上の差異も10〜20%。順当な線だろうか。

    PR□□□□□□
    ★★最強のU24を作る!高速化ソフトプチフリバスター

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM