Cドライブ 容量不足解消 減量・ダイエット ・基礎編

0
    JUGEMテーマ:コンピュータ
    Cドライブ 容量不足解消 ダイエット システムディスク 軽量化
     Cドライブの容量が不足して困る。根源的な問題だ。特に古くなったマシン、SSD搭載機でよく起きる。
     本ブログで過去何度も対策を述べてきたがアーカイブとしてまとめる。
    PR□□□□□□
    ★★Cドライブの容量不足をSDカード、USBメモリで解決!増量と高速化ソフトプチフリバスター

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR

    ■初歩編・概要

    次の項目は基本項目を押さえる。
    1.Windowsの自動更新は厳禁。
    --> 更新をする時は必ず手動。
    2.ハイバネーションが必要とするディスク量を確認。
    --> 搭載しているメモリの量だけディスクを確保していると思うこと。
    3.仮想メモリのサイズを確認。
    --> 搭載しているメモリの量だけディスクを確保していると思うこと。
    4.IEなどブラウザのキャッシュは適時クリア。
    5.ダウンロードフォルダの内容は適時クリア。
    6.電子メールの保存フォルダも適時クリア。


     小容量のSSDユーザでOSの自動更新は自殺行為なのでOFF。往年の名機ASUS Eee PC 4GBが顕著だ。初めから空き容量が2GB未満しかないPCで毎週OSの自動更新でバックアップをCドライブに作れば半年でパンクする。


    ■タッチメニューの導入
     まず、Cドライブの節約にあたりPCのメンテナンスツールを用意しよう。メンテナンスツールとしてタッチメニューのダウンロードを推奨する。
    階層の深いWindowsの設定はげんなりする。できる限り自動化したいものだ。タッチメニューはタッチパネルPC用にワンタッチで各種Windowsを設定するように作ったのだが普通のマウス操作型PCでも便利である。

     タッチメニューは次でダウンロードできる。詳細な説明もしている。
    http://www.dnki.co.jp/content/view/138/1/

    ■ファイルの可視化
     まずファイルを可視化しよう。
    会社支給のコンピュータで会社の隠れ情報がそこらじゅうにあるというのは判る。自分の私物に自分が判らないファイルがあるというのはいかがなものだろうか。

    フォルダオプション 隠れファイル 拡張子 システムファイル 可視化
    [クリックで拡大]

     フォルダオプションというツールがタッチメニューにある。
    これを実行する。ワンタッチでフォルダの設定ができる。


    [クリックで拡大]

     ここで設定を行う。
    隠れファイル、システムファイルは全部表示するようにする。
    および、拡張子もここで表示するようにしよう。

     自分の持っているPCの隠れファイルをあぶりだす。

     では各項目を説明していこう。


    1.Windowsの自動更新は厳禁。

     これはもう説明する必要はないだろう。
    毎週OSの自動更新をして例えば1回平均150MBのダウンロードが発生した。×10で最悪1.5GB、×100で15GBの容量を必要とするかもしれない。


    復元ポイント 制限
    [クリックで拡大]

     OSの自動更新には当然安全装置がついている。上の図がそうだ。

     通常はディスク容量の5%未満に納まるようになっている。しかし、筆者はこれを疑問視している。
     例えば、復元ポイント情報とは別にダウンロードしたファイルは毎回消去しているのだろうか。アップデータをダウンロード後、きちんと削除しているのだろうか?


     往年の名機Eee PC 4GX、4GBのSSDを搭載しXPが2.6GBを占め、空き領域1.4GB未満のマシンが半年もするとディスクがパンクしてラボに電話が掛かって来た理由は何か?・・・工場出荷状態でOSの自動更新をしていたというのがラボの見解だ。

     OSの自動更新は非常に危険な機能でもある。オーナーの意思で実施するべきだ。


     今、検索してみたのだが、案の定であった。
    「C:¥WINDOWS¥SoftwareDistribution¥Download」の削除

     Windowsの自動更新はダウンロードしたアップデータを【C:¥WINDOWS¥SoftwareDistribution¥Download】フォルダに一時保存して放置するようである。これでは復元ポイントでディスク使用率5%を指定しても意味がない。

     このフォルダ内のデータは削除できるようである。
    Downloadフォルダの内容物は適時消去しよう。

     やはりOSの自動更新はOFFを推奨する。3ヶ月に一度、半年の一時、オーナーが自分の意思で更新するべきだ

    2.ハイバネーションが必要とするディスク量を確認。
    ハイバネーション ファイル
    [クリックで拡大]

     これは16GBのメモリを積んだノートPCのハードディスクのショットだ。これは一般的なものである。

     hiberfil.sysという12GB(!)のファイルがいる。
     hiberfil.sysはハイバネーションのためのファイルだ。
    16GBのメモリを積むと、Windowsは黙ってhiberfil.sysに近似した容量のファイルを作る。

     ハイバネーションとはレジューム機能のことだ。ノートパソコンの蓋を閉めるとパソコンの作業内容を丸ごとハードディスクにバックアップする。次回、蓋を開けて再起動すると蓋を閉める前の状態に復元すると言うものだ。

     つまりPCが一時電源を切る時に、メインメモリの全内容をハードディスクに保存し次回の再開に備えるというものだ。従いメインメモリ近似のファイルが出来る。

     Cドライブの容量が気になる場合、ハイバネーションは切るべきだ。

     現在のWindowsにはスリープモード(省電力でPCを動かして節約するモード。ハイバネーションのように完全には電源を落とさない)がある。Cドライブの容量を減量したいのであれば完全に電源を落とすかスリープモードにするべきだ。


     DOS窓を管理者権限で開き、次の命令を打つ。
    これでハイバネーションは切れ、hiberfil.sysが消える。

     powercfg.exe /hibernate off

     ハイバネーションをONにしたい時は同様に、次のようにすれば良い。

     powercfg.exe /hibernate on

    hiberfil.sys 削除 ハイバネーションを切る

     今回、タッチメニューにはハイバネーションをワンタッチでON/OFFするbatファイルがある。このアイコンを実行するだけでハイバネーション制御できる。


    3.仮想メモリのサイズを確認。
    ハイバネーション ファイル
    [クリックで拡大]

     同じ画像を再度だす。今度はpagefile.sysの説明だ。
    Windowsは工場出荷状態で現在積んでいるメモリのサイズだけ仮想メモリ用にディスクに
    pagefile.sysというファイルを作る。

     4GBのPCで4GBのpagefile.sysが出来ると思って良い。Windows32ビットの場合、3.6GBが上限かもしれない。

     いづれにせよ、システムディスクの容量が不足してアップアップしている時にGB級のファイルが転がっているということは頭に入れておこう。

     32ビットOSの場合はあまり気にしなくても良いかもしれない。64ビットの場合、大きな問題になる。

    [スタート]-> [コンピュータを右ボタンで選択]-> [プロパティ]-> [システムの詳細設定]を選ぶ。


    仮想メモリの設定
    [クリックで拡大]

    ここでパフォーマンスの設定ボタンを押す。


    仮想メモリの設定
    [クリックで拡大]

    ここで仮想メモリの[変更]ボタンを押す。

    仮想メモリ ページファイル
    [クリックで拡大]

     経験則的にここには2GB以上が良いようである。


    4.IEなどブラウザのキャッシュは適時クリア。
    ブラウザのキャッシュをチェックして容量を節約する
    [クリックで拡大]

     これは筆者が愛用するブラウザ「Fire Fox」の工場出荷時の設定だ。
    このとおり、うっかり使用するとブラウザはあればあるだけキャッシュを保存するようになっている。この設定を変更しないとどんどん蓄積すると思われる。

     ちなみにIE8は工場出荷時で250MBを上限とするようになっていた。あまり問題とはならないだろう。


    5.ダウンロードフォルダの内容は適時クリア。
    ダウンロードフォルダは小まめに消すこと
    [クリックで拡大]

     これは筆者のデスクトップ機のダウンロードフォルダのプロパティだ。18GB容量がある。このようにうっかりしているととんでもない事になる。


    6.電子メールの保存フォルダも適時クリア。
    電子メール 容量節約
    [クリックで拡大]

     同様にこれは電子メールソフトの格納領域だ。うっかりするとこのようになる。不要なメールは小まめに消すしかない。



    PR□□□□□□
    ★★Cドライブの容量不足をSDカード、USBメモリで解決!増量と高速化ソフトプチフリバスター

    高速化ソフトプチフリバスター

    Windows 高速化 プチフリバスター Windows 高速化 プチフリバスター

    ―> プチフリバスターかんたん紹介ページ
    ―> プチフリバスター技術詳細ページ

    □□□□□□□□□PR


    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2014/04/30 9:27 AM
    -
    管理者の承認待ちトラックバックです。
    • -
    • 2016/05/05 7:43 AM

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM