USB Type-C、USB3.0の問題を整理する、WiFi/Bluetoothの問題を解消しよう

0

    JUGEMテーマ:コンピュータ

    買ってはいけないType-Cケーブル

     最近、Type-Cコネクタがちらほら普及しだしている。

     非常に危険な兆候をはらんでいる。マスコミはバラ色の未来を好んで語りたがるが、ここで釘を刺しておかないと、ドドメ色の未来になる。

     そう、Type-Cが成功するも失敗するもユーザの見識次第なのだ。


     

    USB3.x系の問題点

    USB3.0, 3.1系ではこの問題が常に付いて回る。これはType-Cにおいても同じだ。

    Type-Cはコネクタの形状であるから、USB3.0/3.1をデータ転送に採用している限り、WiFiとBluetoothが使用できなくなるという問題点が付いて回る。

    この問題はユーザ一人ひとりが高い意識を持てばおおよそ解決できる。しかし、そうでなければ泥沼になる。

    この問題はかなり以前から指摘があったのだが、業界全体で臭いものにフタをしてきたように筆者は感じている。

     

    インテルの資料

    これはインテルの資料からの抜粋。

    『USB 3.0 Radio Frequency Interference Impact on 2.4 GHz Wireless Devices』PDF
    (USB3.0高周波による2.4Ghzワイヤレスデバイスへの干渉影響)

    ※日本語における紹介は次が詳しい。

    蹴茶:USB3.0のノイズが2.4Ghz帯(Wi-Fi、Bluetooth)を乱すらしい

     

    要はUSB3.0/3.1機器は2.4GHz帯にパンパン電波を出し、WiFi、Bluetoothの動作不良を起こすというものだ。

     

    ■ USB3.0/3.1のEMI(電磁波障害)問題の簡単な解決方法

    EMI発信源USB

     

     簡単な約束で通常は解決できる。つまり、透明のUSBケーブルを選択しケーブル長さを90cm以上にすること。

    1.透明を推奨する理由

    USBコネクタのEMI対策

     障害を起こすケーブルは左側。右側は起こさない。皮を剥いで見れば一目瞭然だ。

    透明であるべき理由

    USBケーブルが最初から透明ならば、それが良品か否か判る。ニッパで分解する必要はない。

    USB3.0, 3.1の今だからこそ、USBケーブルは透明であるべきだ。

    もし、色つきを買う場合は2本買い、一本はニッパで分解して、電磁波対策済みであることを確認するつもりで当たろう。

    冒頭で泥沼になるか解決するかはユーザ次第だと述べたのはこれが理由だ

     

    2.90cm以上を推奨する理由

    USBは高速化するほどケーブルの長さが短くなる。最新のUSB 3.1 Gen2で最大1mと規定している

    ちなみにUSB2.0は5m、USB3.0は3mだ。従い余裕をもち90cm〜1mを推奨する。

    WiFi/Bluetoothアンテナ <------------------> USB機器の距離が十分あれば電磁波障害は発生しない。

     

    距離をとるとUSIB問題は安定

     

     

     

    距離が開くほど、USB3の妨害電波は小さくなる。大手メーカのサポートを見ると50cm以上離すよう指導している。
    ならば大は小を兼ねる。ケーブルの長さは余裕を持つべきだ。
    長いケーブルは邪魔かもしれない。しかし障害が出ては意味がない

     

    3.そして、USB機器もEMIを考えよう!

    ほとんどの場合、1m距離を開ければ問題ないだろう。しかしUSB機器にEMI対策が施されていれば、その分だけ距離を詰める事が出来る。

    やはり電磁波遮断性のあるアルミ簿幕メッキや金属を施したUSB機器が有利になる。

    とはいえ、どんなにEMI対策が優れていてもUSBコネクタが剥き出しならばまったく意味がない。

     

    4. そして事態は第一デフコン体制(非常事態)にある。USB規格がType-Cが終了する可能性さえある

    ラボではアマゾンで販売しているUSB3.0/3.1 Type-Cケーブルを片っ端から購入してみた。

    目に付いた物から購入した。

     

    まず一番バッターは先ほど分解したUSB3.0 Type-Cケーブルの画像だ。よく見て欲しい。

     

    1. inatec製ケーブル

     

    買ってはいけないType-Cケーブル

     

    アマゾンで比較的売れているType-C変換ケーブルを剥いだものだ。Type-C側も通常のコネクタ側も電磁波シールドしていない。

    このようなケーブルをノートパソコンに接続したら何が起きるか?、特にType-Cを採用したMacBookはデザイン優先でWiFiアンテナ、BluetoothアンテナがType-Cコネクタの近くにある。ここにこのケーブルを接続したら何が起きるか?喉元に匕首を突きつけているようなものだ。

    こういうケーブルを使用するとどうなるか、

    PCの中枢に妨害電波という匕首を突きつけているようなものだ

     

    2. Anker製ケーブル

    こちらは良品だ。

     

    anker-type-c

    これを剥ぐとこうなる。

    anker-type-c

     

    Type-C側も従来のUSB側もきれいにシールドしているのが判る。

    このままだと悪貨が良貨を駆逐し、最後はUSB3.0/3.1, Type-Cという仕様そのものが抹殺される危険性がある。

    第一デフコン体制(ディフェンスコンディション1、つまり緊急事態)と述べたのはこのような理由だ。

     

    3. モノデザイン

     

    剥ぐと電磁波シールドがないのが判る。

    モノデザイン

    モノデザイン

     

    4. BigBlue

    これは評価が難しい。目視では判別できない。

    こちらは剥ぐとType-C側は下の写真のとうりなのだが、通常のUSB側はコネクタ側がぴっちりアルミ板で嵌め込みとなっており隙間がない。Type-C側は1mm弱の隙間があり、判定困難。実際に電磁波干渉のおきやすいPCで実測しないと判定では出来ない。

     

     

     

     

    5. TECKENT

    これは実に惜しいが・・・いずれにせよ寸が短すぎる。そして、肝心のType-C側にシールドがない。

    これは二重にアウトだろう。一番重要なPC接続側にシールドがなく、かつケーブルが短いから干渉は避けられないだろう。

     

    TECKENT

     

     

    6. AUKEY

    ここで再び評価不能。

    BigBlueと同系統のケーブルだ。これはさすがに分解を断念した。

    筆者が判定をあぐねてているのは2枚目の画像の件だ。

     

     

    左側が通常のUSBコネクタ。プラグにピッタリと金属が嵌っている。これでは機材メス型コネクタの側には電波は飛ばない。

    しかし、右側、TYpe-Cの方、プラグとスリープの間にゴムが挟まっているのが判ると思う。ここから電磁波が漏れてPC側に悪さをするかどうかが判らない。このゴムの部分はPC側に金属がフタをすれば問題ないだろうし、プラスチックか何かが来ればPCによっては障害が出るだろう。

     

    5. そしてハブも見てみよう

     

    1. PlugableのUSB3.0 Type-C

     

    Plugable type-c

     

     これもそうだ。同じくUSB3.0 Type-C用のUSBハブだが、Type-C側はアルミのタガを嵌めているのだが、それぞ外すと中はこのとおりだ。アルミのタガにはEMI効果が期待できるが、スリープ状に被せているだけだ。隙間からむしろビーム化して電磁波が出る事はないのだろうか・・・それよりUSBハブまでの長さが僅か16cmしかない。プラグは海苔巻きで保護できたとしてこのUSBハブにUSB3.0機器を接続したらPCのすぐ眼の前で2.4GHz帯の電波のシャワーが起きる事になる。

    Type-Cプラグ側がスリーブでEMIを防いだとしてもケーブルが短い限りは何が起きるか判らない。

     

    2. ELEC FORU USB3.0 Type-C

     

    Elic Foru

    これは特筆すべきことにUSBハブ本体がフルカウルしている。

    外側を海苔巻き状態にアルミで包み、写真中前面と背面にアルミの板でフタをしている。

    徹底して金属で塞いでいるのだが、これに至ってはケーブルはさらに短く13cmくらいしかない。
     

    Elic Foru

    プラグも剥ぐと海苔巻き式で下は何もない。

    大丈夫なのだろうか?間違いなく、寸が短いため、ハブ側に電磁波をバンバン飛ばす機材の接続はクリチカルだ。

    もちろん全部が全部というわけではない・・・

    何度も言っているとおり、Type-Cコネクタが仮に大丈夫でもケーブルが短いため、USBハブに接続したUSB3.0機器からの電磁波照射は防げないだろう。

     

     

    3. バッファロー

    これは実に惜しい。普通のUSB3.0ハブなのだが、プラグはきちんと電磁波シールドしている。

    バッファロー

     

    しかし、ケーブルの長さが30cmほど、少し寸が足りないように思う。

    このUSBハブのアマゾンのレビューを見ると、決して多くはないのだがWiFiが切れる、Bluetoothが切れるという意見がある。

    このUSBハブはケーブルを長くすれば完全な評価を得られたのではないだろうか?

     

    4. Attolla

    手振れをしているが、疲れた・・・このまま掲載する。

    筆者の観点で及第点。プラグは完全にシールドしている。ケーブルは約70cmと長く、アマゾンの評価でWiFi障害、Bluetooth障害は見当たらない。

    あえて言うならばUSBの立て刺しは使い安いかもしれないがEMIの観点ではアンテナを立てるようなものだから横が良いと思う。

    それでも電波干渉のレビューがないのはケーブルに余裕があるの一言だと思われる。

     

    4. AUKEY

     

     

    これも特筆すべき、フルメタルで筐体を覆っている。

    ケーブルも50cmセンチあるが、肝心のプラグにシールドがない。

    頭隠して尻隠さず。

    実に惜しい。

     

     

    この製品を見て今のPC業界は何か、歯車が狂い始めているように感じた。

    優れたデザインを模倣する。売れている製品を模倣する。しかし、見た目の模倣のためこういう事が起きるでのはないのか?

    このハブはUSBケーブルが着脱式なので電磁波シールドのきちんとしたものに交換すれば救いはあると思う。

    救いがないのはきちんとテストをせずに出荷する体制だろう。

     

    5. ANKER再び

    ケーブルでしっかりしていたのだがハブではどうだろう?

     

    こうなのである。プラグには電磁波シールドがない。ケーブルも20cmと短い。

    アマゾンのレビューを見るとWiFIとBluetooth障害が多く、星5つと星1つが攻めるぎ合っている。

     

     USBハブについてはType-Cコネクタ用と標準的なUSBコネクタ型の両方をごっちゃに見てきた。

    もともと、アマゾンのUSB3.0ハブの売れ筋を集めたらこうなったという背景がある。

     

        ***

     

     正直、時系列に追うと、USB3.0, USB3.1 GEN1/2できちんと電磁波対策をせず、混交玉石状態で爆発炎上、悪貨が良貨を駆逐しているのが今の現状だと思う。

     

     ここにType-Cが入って来たらどうなるのだろうか?

    いまこそが第一デフコン体制なのである。

    この混乱を解決するのはメーカではない。ユーザ一人ひとりが正しい知識を持ち、良貨を適切に拾い上げる努力が必要なのである。


    関連する記事
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

      TEST1

      USB ブート 簡単メモリチェック

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
        USBブート拡散部
      • WindowsXPの自動デフラグ機能について
         
      • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
        小林
      • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
        meme
      • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
        ひろちゃん
      • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
        nick
      • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
        NAO
      • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
        KyonKyon
      • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
        kouichi

      recent trackback

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM