EeePCの改造、内蔵ディスク52Gbへ大容量化への実験 Part.1

0

    [クリックで拡大]

     今回はEeePCを改造してディスクの最大積載量を増大してみた。
    標準のSDHCスロットに16GBのSDHCを接続する。さらに、安くなってきた16GBのUSBメモリを2本を筐体内部に詰め込む。これで標準4GBのSSDメモリ+SDHC16GB+USB16GB+USB16GB=52GB化に成功した。
     図は、52GB化したEeePCのデスクトップのショットだ。EeePCにおいては珍しいHDDアイコンが4つ並んでいるのが判るはずだ。D,E,Fが実はSDHCとUSB2本だ。

     このあたりは、単純な改造ではなくUSB,SDHCをHDD化するというソフト的なカスタムが入っている。

     52GBあるともう、大抵の事ができるのではないだろうか。。。これが全てシリコンだと隔世の感がある。
     EeePCはモバイルに徹すると標準仕様で十分と思っている。そもそも私は「パソコンを使わないパソコン開発者」という変なポジションにいる。パソコン用の開発をするためにパソコンを使うがそれ以外では使わない

     私が日がな一日使っているソフトはC言語のコンパイラだ。コンパイラしか使わない人間と言うのは一般ではレアだと思うが、これは職業柄だろう。
    ※コンパイラはソフト開発者が使用する開発環境。


    [クリックで拡大]

     「夏草や兵どもの夢のあと」というわけではないが、本改造のプロセスでの一こま、、、改造の基礎データを得るためにバラバラにした一こま。

     左下の白いのがゼロ号機、回りに散乱しているのが1号機、、、今回の改造には関係がないが、モニタ関連も完全にバラしている。

    ■今回の改造の要約は次のようなもの。
    1.SDHCには通販で購入した16GBクラス6のものを挿入。
      上海問屋で8000円くらいで売っていた。う〜〜ん、
      フラッシュメモリの安さには目が点になる。

    2.EeePC本体に内蔵しているWiFi無線LANカードを接続している
      ミニPCI Expressスロットには標準でUSB信号が来ている。
      WiFi無線LANカードはこの信号を使用していない。つまり、
      EeePC 4G-Xでは未使用になっている。
      ここから信号を盗電(?)して、USB16GBに接続する。
      もちろん、WiFi無線LANカードはそのまま使用できる。

    3.EeePC 4G-Xには実はもう一つ、ミニPCI Expressスロットを
      つけるようになっている。私が入手した4G-Xにはこのスロット
      はないのだが、、、接続するための端子が残っている。
      つまり信号は来ているのだが、スロットコネクタがついてい
      ないという状態だ。
      チェックの結果、USB端子はスタンバイしていた。
      この端子からやはりUSB16GBを接続する。


    [クリックで拡大]

     2本のUSBメモリは、EeePCのメンテナンスベイに鎮座している。上の写真はそれを撮影したもの。

     判りやすく1本を抜いた状態にしている。マザーボード側には業務用の耐熱絶縁シールを貼っている。上から、ケースを剥がしたむき出しのUSBメモリを入れるので絶縁シールを貼った。ショートしたら当然壊れるからだ。

     この赤いテープは業務用のものだ。PCのマザーボードに貼り付けるものなので気を使う。EeePCのCPUは900MHzで動いている(携帯電話の電波より高い!)。アンテナを付ければそのまま電波を出しかねない周波数だ。

     この世界だと、もう何が何だかわからないので、業務用の絶縁テープを使用する。

     その上に2本のUSBが鎮座している。USBはケースを剥がないと収まらない。。。

     このベイには2本のUSBコネクタが二本収まるのに丁度良いスペースだ。結果オーライきれいに収まった。

     USBはトランセンドのジェットフラッシュを使用した。ジェットフラッシュは良い選択だ。

    1)USBメモリ本体が小さく収まりが良い。あまり大きいUSB
     だと、ベイに入らない危険がある。

    2)アクセスランプがついており、ランプの点灯でテストがしやすい。

    3)なんと言っても安いのが良い。。。確か通販で9000円くらい
     だったろうか。。。安いというのが良い。

         ***
           ***

     増設したフラッシュメモリはさらに可用性を高めるために、HDDとしてOSに認識させている。WindowsはHDDと勘違いして動作している。これでソフトによってはメモリディスクにはインストールできないのなんのという問題を解決する。

     このHDD化はラボで開発した”EeePC用フラッシュメモリtoHDDマウントドライバ「f2d」”を使い実現している。

     HDD化は必ずしも必要はない。そのままでも問題なくしようできる。

     次回は具体的な改造の手順を紹介しよう。

    2009.1.27追記
     新章突入「f2dユーティリティの発表」。
    「Documents and Settings」「Progaram Files」をSDHCに丸ごと活け込むフリーウェアを発表した。

    --> 目次の該当ページへJump

    [総合目次] [次号へ]


    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM