ファイナル!EeePC用純正フル互換の電源の自作(ACアダプタ) Part1.

0

    [クリックで拡大]

     「知るは法楽、知らぬは因果」という。。。今回はEeePC用の完全な第二電源をラボで作ったので紹介する。

     EeePCの充電器を会社と自宅にそれぞれ置いておくのに最適である。また、出張用カバンに放り込んでおくという使い方も良いだろう。Eee PC用の9.5V定格どおりのこれは完全な電源だ。
     電源は市販の12Vをベースに作成した。「GO FORWARD ENTERPRISE CORP」社の形式式NT24-1Sシリーズを使用した。
    これは秋月通商(秋葉原)で1000円程度で販売している。

     まずは、EeePCの純正電源と比較してみよう。


    [クリックで拡大]


    [クリックで拡大]

     写真は側面と表面だ。純正よりは薄くスリムで、表面は大きいと言えるだろう。

     実は、もっとコンパクトでスタイリッシュな電源もあるのだがこれを採用する。EeePCの消費電力は通常は13W程度。ただし、フル充電をしながらEeePCを使用していると23Wくらいまで上昇する。ここまで考えると最低でも24W級の余裕のある電源が好ましい。。。そうすると、今回採用したものが賢明という結論に到達する。

     純正の電源が一回り小さくてコンパクトなのだが、、、24Wという大きさを考えると私はむしろ大きい方が良いのではないか思える。やはり、大電力だと思うのである。

    1.スイッチングレギュレータNT24-1Sシリーズ
     この電源基本的には同じ回路構成で5V4A〜24V1Aまで提供している。

     そして、これが重要なのだが、出力電圧は内部の出力電圧決定抵抗と保護回路により決定している。抵抗の値により定格電圧を決めていると思えば良い。

     そして、保護回路は必要な定格のだいたい20%増しの電圧がもし発生したら作動しガス抜きするものだと思えばよい。

     以上より、NT24-1Sに次の改造を加えれば良い。

    1)出力電圧公称9.5Vになるように抵抗値を変えれば良い。
     ※純正は実際には10V出ているので、実効は10Vだろうか。
    2)保護回路は12Vで作動するようにする。

     こういうとものものしいが、正味部品を2個ハンダ付けするだけで良い。

    2.チューニングの実際


     NT24-1Sの基板の裏側だ。赤い線で囲った所がポイントだ。
    上の何やらガラス玉のようなものが保護回路だ。回路というより保護素子と言うべきかもしれない。ツェナーダイオードというありふれた部品だ。今回の電源では公称9.5V、実効10Vだから12Vで作動するツェナーダイオードを入れる。少しアバウトと思うかもしれないが、こういうものだ。

     今回使用したものはNT24-1S1220つまり、12V用であり15V用ツェナーダイオードが入っていた。これを12Vにとっかえた。

     半導体というものは誤差が非常に大きい。12Vから作動すると言っても実際には誤差10%くらいがある。10%と言ったらもう11V〜13Vの間で動作する事になる。購入する部品のばらつきによっては11Vくらいから保護回路が作動するわけだ。12Vを採用した理由が判るだろう。

     下の2つの囲い、ここには白い電線が配線しているだけだ。この白い配線の先には61Kオームの抵抗が接続しているだけである。わざわざ電線を配置するまでもないのである。本当はね。

     さらに言うならば、、、保護素子のツェナーダイオードを交換する必要もない。。。なにしろ、今回の場合、保護素子が作動開始するのは15Vなのだから問題はない。。。しかし、、、動かない保護回路であれば、保護回路にはならない。。というわけでEeePCに相応しいツェナーダイオードに交換している。


    [クリックで拡大]

     上の写真の赤で囲った所にボリューム(半固定抵抗)を付けている。実はさきの電線はここに接続している。マイナスネジのポッチがついているのが判るだろう。このポッチをくりくり廻すとこのボリュームの抵抗値が変化する。現在、12Vで作動する保護回路が入っているからゼロ(?)〜12Vの間まで変更ができるようになっている。

     まあ、実際にくりくり廻すと電圧かわり面白い。。。もちろん遊ぶためにボリュームを付けたわけではない。。。ここには61Kオームの抵抗を一つつければそれでよい。わざわざボリューム(半固定抵抗)にしたのは、手元に61Kオームという抵抗がなかったというだけの理由だ。

     単純に抵抗の代用品でボリュームを配置しただけということになる。

     以上これだけのチューニングでEeePC用の公称9.5V電圧を作ることができる。

     次回はなぜ、これで動作するのか、そのメカニズムを紹介しよう。

    ■08'4月22日編集後記
     実際に純正電源と今回の電源を測定したので参考にして欲しい。

    1.EeePCに最適な電源・バッテリはどれか?.純正電源のデータ測定
    2.EeePCに最適な電源・バッテリはどれか?.ラボの純正互換電源のデータ測定


    ■2008.4.6後記
     EeePCの消費電力の詳細をレポートした。
     EeePCの消費電力は最大約20Wのようである。

     EeePCの巡航時間アップ、BIOSのカスタマイズによる消費電力の調査

    2008.3.26後記
    本記事をキット化したものの販売を4.10に販売開始する。予約注文を開始した。遠隔地で部品を調達が困難な方、および自作に自信のない方は参照されたい。
     もちろん、自分で部品を調達でき、組み立てる自信のある方は次回の記事をお待ちありたい。

    http://cart05.lolipop.jp/LA07565553/



    [総合目次]  [次号へ]


    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    電源ユニットとはすべてのパーツに電力を供給するんじゃが電力不足の安いものを使用してしまうと、パーツ類が正常に動作しなくなることもあるんで注意が必要じゃな。 買う前に必ずワット数を確認していくんじゃ。 静音タイプのものあるんぞい。
    • 電源ユニットについて知りたい
    • 2008/03/26 11:51 AM

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM