4.Eee PC用トラベラーズセット「甲1式」、海外出張のアシスト、外国にてEeePCを使用する。韓国実践レポート。

0
    パソコン、UMPC用のトラベラーズキットを紹介する。パソコン用のトラベルキット、トラベルセット、トラベラーズセットと呼ばれるものだ。これで安心して海外出張できる
    [クリックで拡大]

     今回はトラベラーズセット「甲1式」を紹介する。比較的インターネット環境の揃ったエリアへの海外出張の参考になると思う。ちょっとしたセットを用意するだけで、EeePCは海外出張に最適なモバイルパソコンになる。「甲1式」と命名したが、何の事はない、「これさえ買えば海外出張のOKのオフィス用品リスト」である。是非、活用されたい。
    ■PR・・・Eee PCの高速化に最適です
    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ


     実は、先日まで韓国に出張していた。先の写真は宿泊していたホテルのものだ。。。ホテルはホテルであるが、、、ラブホテルである。ガイド氏曰く「こっちの人はビジネスマンがラブホテルを利用している」とのこと。。。ほんまかいな。。。ガイド氏がただ安いから傍目を気にせずただ、ラブホテルを愛好しているだけなのではないかという疑惑が脳裏をかすめつつ、、、一泊35000ウォン(約3500円)で安くて良いかと納得する。

     ビジネスなので泊まれれば良い。。。事実、宿泊した(ラブ)ホテルはビジネスホテルで一般的と言える目覚まし時計の類いが一切なかった。。。超巨大な液晶TV,パソコン,怪しい自動販売機と電話だけであった。

    韓国ラブホテルでEeePCを使う。ラブホインターネット情報
    [クリックで拡大]
     宿泊したホテルの入り口の写真だ。

    1.Eee PC用トラベラーズセット「甲1式」の説明
     今回は、最も簡単なEeePC海外出張モデルを考えて見よう。韓国であれば、これで十分だ。恐らく、海外主要都市であればこれで良いのではないだろうか。。。アメリカは微妙な気がするが、、、たぶん、香港、シンガポール、台湾、韓国はこれで良いように思う。
    EeePC用のインターネット接続ケーブルとコンセント変換セット
    [クリックで拡大]
    ----「甲1式」内容リストと入手方法----
    (1)電源用コンセント形状変換アダプタ
    -> これは空港で購入するのがベスト。
      今回購入した韓国用SE型(あるいはC型)コンセントは380円だった。
      成田空港駅の改札前のショップで売ってた。
      出国先に合わして適時購入を推奨。
    (2)LANケーブル用中継コネクタ
     -> @480円なり。PC用品店で事前に購入しよう。
    (3)LANケーブル1〜2m。
     -> @450円くらい。PC用品店で事前に購入しよう。=====================================
          合計1310円

     「電源用コンセント形状変換アダプタ」は、出張の折に必要な物を買い足すのがお勧めだ。EeePCの純正電源は100〜220Vまでをカバーするのでコンセントの形状さえ変換すれば良く最も安価に使用できる。

    2.韓国インターネット事情
     ガイド氏に言わせると、大統領命令で全てインターネットは光回線なのだそうな。。。私見では、情報の大動脈には光を、末端には廉価なADSLを使用しトータルコストを下げるのが理想と思っている。。。まったくの余談であるが。。。

     このようなわけで、韓国は光回線インターネットが常設とのこと。

    1.このようなわけで、EeePC内蔵LANがそのまま利用できる。
     たぶん、これは香港、シンガポール、台湾も同じではないだろうか?

    2.ラブホテルのようなところでも、同様。ただし、部屋を取るときに「インターネットの使える所」と指定する事。奇妙な事だが、、、一般のビジネスホテルよりラブホテルでパソコンの常設が先行している感がある。

    3.「甲1式」の電源廻りの説明

     ACコンセントは国家ごとにエリアごとに形状が異なる。電圧が異なり、交流周波数が異なり、ソケット形状が異る。

     EeePCの純正電源はスイッチング方式というここ10年以上メジャーな方式をとっている。これより、

    ■周波数は気にしなくて良い。
    ■入力電圧も電子制御なので広くとれる。
     純正は100〜220Vに対応している。

     となり、互換性の3つの問題のうち、2つをだいたいクリアしています。残るコンセントの形状は物理的なものなので変換アダプタが必要です。

     韓国は通称SE型と呼ぶ形式だC型と呼ぶ場合もある)。
    ちなみに各国のコンセント情報のリンクを紹介する。
    http://wikitravel.org/ja/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%81%A8%E9%9B%BB%E5%9C%A7

    韓国のコンセントの形状、SE型、ここにEeePCを接続する。これでEeePC用トラベルキット、トラベルセット、トラベラーズキットと呼ばれる部分の根幹となる
    [クリックで拡大]

     丸いくぼみに嵌るようになっており、ピンも丸い。ここにアタッチメントを経由して日本国内で入手したEeePCの純正電源を接続できる。

    EeePCをSE型(C型)コンセントに実際に接続する
    [クリックで拡大]

     こういう感じで接続する。
    では実際に接続してみよう。

    コンセントへの接続アダプタは持ち運びを考えて選択しよう。これがパソコンあるいはUMPCがトラベルキット、トラベルセット、トラベラーズキットの根幹となる
    [クリックで拡大]

     少し座りが悪いようである。もし、どっしり安定感をもちつつ接続するのであれば、丸いくぼみに納まる輪胴を備えた変換アダプタを購入すれば良いだろう。。。モバイルとしてかさばる事を考えると、今回購入したものがベストと思う。

    4.「甲1式」のインターネット接続
     さて、、、ここからが重要なのである。。。実にたいした事ではない。。。されど、ここで明暗が分かれる。

     ホテルというビジネスは、顧客による備品の盗難という問題が常に付いて回る。
    従い、、、「インターネットが使える(≒パソコンがある)部屋」とは、しばし「盗難防止パソコンのある部屋」と同義である。これは安価なホテルほど「盗難防止」に神経質であると思って良い。

     その結果、設置しているパソコンは次のようなものであったりする。

    韓国のホテルに設置しているWindowsXPパソコン
    [クリックで拡大]

     一般のWindowsXPパソコンが設置していた。そして、、、本体は木製のラックに密閉(?)している。

    パソコンはこのように盗難防止ラックに入っている
    [クリックで拡大]

     ぱっと目には、普通のラックに見えるが、引き出し扉などは一切ない。内部のPCを取り出せないためのものだ。

     このシチュエーションは非常に多いと思う。。。その結果、何が起きるか!!!

     ケーブルを思うように取り出せないのである!

    LANケーブルを抜いた所。もともと設置PCに接続できる長さにケーブル長が設定してある。このためEeePCまでケーブルが届かない
    [クリックで拡大]

     かなりピンボケであるが、ラックの背面からLANケーブルを抜いて引っ張り出した所。利用することはできる。「問題は引き回す長さ」がないことである。

     ここに、「甲1式」の存在意義がある。つまり、短いのであれば延長すれば良い。「甲1式」とは、LANケーブルと電源のアシストセットである。

     LANの延長ケーブルを示す。


    EeePC用トラベルセットの中枢であるLAN延長ケーブル。簡単な仕掛けだ。
    [クリックで拡大]

     このLANケーブルが通常と異なるのは、一方がメス、一方がオス型であることだ。つまり、先の丈の短いLANケーブルにこの延長ケーブルを接続すれば、テーブルの上まで、あるいはベッドの上にあるEeePCに接続できる。

     実に簡単な仕掛けだが、極めて有効である。
    残念ながら、通常はこのオスメスケーブルは販売していない。。。ゆえに、市販品の組み合わせで作る必要がある。トリックの種はこうだ。

    普通、延長ケーブルは売っていない。中継器と組み合わせて延長ケーブルを作る。
    [クリックで拡大]

     通常のLANケーブルに「継ぎ手」を接続する。これで、LANケーブルの一端はメス型になる。
    「継ぎ手」はLANケーブルの中継器と指名して欲しい。PC用品店であればでこでも入手できるものである。

    5.ホテルのパソコンが使えない理由
     読者は素朴な理由で、ホテル設置のパソコンを使えば良いではないかと思うかもしれない。しかし、これには問題がある。

     ホテル設置のパソコンはメニューが全てハングル文字(或いは簡体漢字、その他)であり日本人には使用は不可能だ。台湾であれば、、、かなり共通性のある漢字だからなんとかなるかもしれない。。。

     少なくとも、Web閲覧とWebメールの受信以上の作業はホテルのPCでは不可能である。

     かくしてMy PCであるところの「EeePC」を持ち込む意義があるのである。

    [前回] [総合目次] [次回]

    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM