AsusのUMPC Eee PC 900−X(非ATOMのXP搭載モデル)の分解写真

0
    ASUS Eee PC 900-Xの分解写真・国内ではもう発売開始しているはずだ。
    [クリックで拡大]
     900型は、、、XPの起動画面のショットをとるまえに電机執事にすでに分解されてしまっていた。。。こまったものだ。。。分解の要点を説明する。動的なスペックは、組み上げてから行う予定だ。
    搭載CPUである「Celeron M ULV 353」の写真撮影に成功した。
    ASUS Eee PC 900-Xの全体の写真
    [クリックで拡大]

     900の分解方法を述べる。

    ・4G−X,4G−XU,701SD−Xと筐体の分解はまったく同じである。
     ※基板上のマイクコネクタなど配線が一部異なるのみである。
    ・殻向きは、少し難しくなっている。筐体の質感が硬くなりタワミがすくないためだ。

     質感という意味では、900型は気に言っている。ラボのEee PCは白が多いのだが、、、個人的には黒が好きであり、4G−Xのギャラクシーブラックが一番好きである。

     白のなかでは、今回の900が一番好きである。グラファイトを連想する硬い質感が好きである。

    ASUS Eee PC 900-Xのキーボードを外したところ
    [クリックで拡大]

     キーボードを外した所。ここまでの分解方法はまったく4G−X,701SD−Xと同じである。 

    ASUS Eee PC 900-Xのキーボード外した所のアップ
    [クリックで拡大]

     さらに画面を拡大したところ。
    中央に禁断の封印シールがある。。。

    ASUS Eee PC 900-Xのマザーボードの上面写真
    [クリックで拡大]

     900のマザーボード上面写真。
     ここで重要なのは、分解方法としてマイクのコネクタがなくなっていることだ。今まで、筐体本体についていたマイクが筐体フタに移行しているためコネクタがなくなっている。

     基板のレイアウトはだいたい4G−Xと同じだ。おそらく電源関係と思われるコイルがなくなっていたり、各部は異なっているが、全体的にはとても似て見える。

     マザーボード上、大きなICが3つ並んでいる。たぶん、、、右側がグラボ、真ん中がCPUである「Celeron M ULV 353」ではないかと思う。いかんせん、型式など書いていないので判らない。

    ASUS Eee PC 4G-Xのマザーボード写真
    [クリックで拡大]

     参考のために4G−Xのマザーボード基板も載せておく。900の基板ではないので注意。だいたい同じだが、、、良く見ると細部が異なっているというのが判る。

    ASUS Eee PC 900-Xの背面写真
    [クリックで拡大]

     こちらは基板裏側。すでに、Wi-FiカードとSSDカードを外しているので注意して欲しい。

     基板上、左下、青いボタン電池のついているところを傾注。ここに並んでいるICは8GBのフラッシュメモリだ。型式はK9WAG08U1A、SLC型のメモリだ。これが900のCドライブ8Gバイトを構成する。

    ASUS Eee PC 900-Xの筐体のシェル
    [クリックで拡大]

     筐体本体のシェルがこの写真。冒頭のトップの写真と一緒に見て欲しい。

    1.画面下にある振り分けの黒いモジュールがスピーカである。
    2.筐体には殻向きしてUSBメモリならば納まる空隙が幾つか
      ありそうである。トップの写真は基板と筐体が映っている。
      向かい合わせ部分に空間を見てとれる。

           ***

     さて、詳細は次号であるが、、、ざっと、調べた事を述べよう。

    ■ WiFiカードのところにはUSB信号が来ているようである。
     テスターで端子を調べた結果、通電していた。経験的にこの場合
     はUSB接続できる。
     具体的な検証は後日、実際にUSBを接続して行う。

    ■ 8GBのSSDカードのところのUSB端子も同様であった。

    ■ 900のCドライブは8GバイトSLC型である。
     感情的には速度はいけると思われる。

          ***

     レビューはまだまだ続く。


    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ

    コメント
    マザーボードの上面写真だけど、左から
    CPU(超低電圧版Celeron M 353)
    グラフィック統合のノースブリッジ(i910GML)
    サウスブリッジ(ICH6-M)
    じゃないかな。

    前にCT-479とCeleronMで組んだことがあるので。

    まぁどっちでも良いだろって話なのですが(笑

    ただ、TDPがCeleronMが5Wでi915GMLが6Wなんで(ICH6-Mはほとんど発熱無し)、改造とかする時に場合によってはある程度考慮するかなと・・・

    ちなみに私も900買ってBluetothとワンセグでも内蔵しようかと思っているので楽しみに拝見させてもらっていますw
    • 2008/10/18 2:40 PM
    そういえば、Eee PC 900-Xに搭載されているCPUを取り替えることはできるのだろうか。
    • KZK
    • 2008/11/07 7:49 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM