SSD Cドライブ 減量方法, 考え方

0
    Cドライブ 節約 減量 方法1

     DELLの「Inspiron Mini 9」、HPの「Mini 1000」と続々とSSD搭載モデルが市場投入されている。Eee PCの十八番ではなくなってしまった。今回はSSDモデルを持つ全UMPCを前提にしてCドライブをいかに減量するかを切り口に説明する。
     ラボで販売している「f2d」は、実は、全てのUSB,PCM−CIAのICカード、SDHCカードで動作するように設計されている。。。とはいえ、「f2d」を必要とするPCは今まではEee PCだけだった事から、「Eee PC専用」と謳ってきた。。。また、このようなわけだから「Eee PC」を前提に今まで説明してきた。

     もうお判りだろう。。。実は、「Inspiron Mini 9」でも「f2d」は、動作確認はまだしていないがHPの「Mini 1000」でも「f2d」を当ててCドライブを節約することができる。
    ※現在、「Inspiron Mini 9」はユーザモニタで動作確認済み

     冒頭の画像は、S101に3つのパーテーションを定義したSDHCカードを「f2d」によりマウントした画像である。
     パーテーションを割ることによりCドライブの内容をSDHCに引越しできる。今回はその要点を説明する。

    ***
           ***

    ■ 最も効果的なCドライブの節約
    Cドライブ 節約 減量 方法2 問題となるフォルダ

     上の図を見て欲しい。「Program Files」のアイコンがHDDに成っていることに気が付くだろう。「Program Files」をこのようにHDD化したSDHCドライブに定義してあげることができる。

     「Program Files」は、機種、OSによるだろうが、Eee PCでは大体600〜800Mバイトある。例えばEee PC4G-X(U)が大体Cドライブ2.6Gバイトくらいだろうか。。。このうち600〜800Mバイトをダイエットできる。

     また、以後、普通にソフトをインストールする場合、ここに入るので貴重なCドライブを圧迫することはない。

    ■ MSオフィスに見るファイル格納ポイント
     MSオフィス2007はインストールで1.7Gバイト容量を必要とする。このうち、1.4Gバイトほどは「Program Files」あるいは、指定したフォルダに入る。しかし、残りの300MバイトほどはCドライブの他のフォルダに入る。これを説明しよう。

     「Program Files」600MバイトをSDHCにしても、MSオフィス2007をインストールする場合は300Mバイトの節約にしかならない。なぜ、このような現象がおきるかがこれで判る。



     ポイントとなるのはCドライブの直下の”Documents and Settings”だ。ここにオフィスで言うならば300Mバイト書き込みが発生する。各種テンプレート、クリップアート集などがここに入るようである。

    Cドライブ 節約 減量 方法2

     厄介なのは、複数のフォルダで分割管理していることである。これより、思うようにCドライブを節約できないという現象がおきる。

     Adoministratorは考えなくて良いだろう。これは特権ユーザ用で普段は使わない。

     問題は、All Userとなる。これが曲者だ。MSオフィスなどはここにデータが格納される。理由は、MSオフィスはマルチIDアカウントを切っていると仮定して、誰でもオフィスを使えるようにという思惑からだろう。パソコンとマルチユーザマシンの間で揺れている仕様と言えるかもしれない。

    Cドライブ 節約 減量 方法4

     この画像のフォルダに案外蓄積する。300Mバイトの半分がここに吸い込まれている。
     さらに詳細を見てみよう。

    Cドライブ 節約 減量 方法5

     ここに大多数が格納されている事がわかる。

     ”Program Files”だけをSDHC化して、Cドライブは小さくなる。しかし、それだけでは不十分であり、このように小さな格納が起きる。

     SSDが8Gバイト以上あれば、”Program Files”をSDHC化するのが合理的に思われる。。。4GバイトのSSDモデルの場合は、このあたりも含めてSDHC化すると良いということが判る。

     デルの「Inspiron Mini 9」の4GバイトSSDモデルにおいてもこのあたりを上手に考えればMSオフィスがインストールできると思われる。

     次回は、このフォルダをSDHC化する実験を紹介する。

    2009.1.22追記
     新章突入Cドライブを劇的にダイエットする「f2dユーティリティの発表」。
    「Documents and Settings」「Progaram Files」をSDHCに丸ごと活け込むフリーウェアを発表した。

    --> 目次の該当ページへJump



    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ
    ※f2dはバージョンアップしてプチフリバスターに統合されました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM