f2dユーティリティの発表 6.[番外編・技術資料]

0
     実は「f2dユーティリティVer0.5」を作成している。
    従来の版(Ver0.4)は、Windows XPのレジストリ操作は自動化していたが、ライトユーザには煩雑だと思うからだ。

     Ver0.5の目標はアイコンクリックで全自動で「Documents and Settings」「Program Files」をSDHC/USBに変更するもの。
     実行後再起動すればもうそれで良いという簡単仕様を目指している。

     さて、その前にWindowsのレジストリを説明しておきたい。
    フル手動で、Windowsが参照する「Documents and Settings」「Program Files」の位置を変更する方法を説明する。
    ★この記事を自分で実験するときは、自己責任でお願いする。
     操作を間違えるとWindowsは起動しなくなる。

    ★レジストリの操作はWindowsをセーフモードで起動して実施して欲しい。


     今回のレポはヘビーユーザ向けであることを述べておく。
     まずRegEditを起動する。スタートメニューより手入力して欲しい。


    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図1
    [クリックで拡大]

     ここで入力すれば起動できる。Windowsは大文字と小文字を区別しない。このように全部小文字でも良い。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図2
    [クリックで拡大]

     これがRegEditの起動画面だ。
    RegEditはWindowsのdbにあたるレジストリを操作するソフトだ。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図3
    [クリックで拡大]

     まず、「Documents and Settings」から説明する。左のツリー構造から、次ぎのパスを手繰って欲しい。
     HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥WindowsNT¥CurrentVersion¥ProfileList

     すると、右側に「ProFilesDirectory」という項目がでる。
    これがWindowsの「Documents and Settings」を管理する鍵の一つだ。
     これをダブルクリックしよう。内容が見える。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図4
    [クリックで拡大]

     このように表示される。実はここで指定したパスが「Documents and Settings」となるわけだ。
     図では「%SystemDrive%¥Documents and Settings」となっているのに注意。%SystemDrive%とは、普通はC:を表す言葉だと思って良い。

     %SystemDrive%は、どこか他の箇所に定義されており、通常はそこで”C:”が定義している。

     「Documents and Settings」を変更する場合、ここを直接修正すれば良いことになる。
     例えば、Dドライブに移したい場合は、「D:」と打てば良い。また、お勧めはしないが「%SystemDrive%¥Documents and Settings」のかわりに「C:¥Documents and Settings」と打っても良い。変則的な設定のWindowsでない限り問題はない。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図5
    [クリックで拡大]

     さて、これで済めば簡単なのだが、、、どっこいまだまだ続く。
    その下の現在赤で囲んだ所を延々修正する必要がある。

     最初の2行はネットワーク関連の情報が存在する。
    3行目以降はユーザのPCにより全て異なる。登録しているログオンIDの数だけ項目がある。通常はAdministratorとユーザアカウントの2つ+αだろうか。


    [クリックで拡大]

     どの場合も、「ProfileImagePath」という項目なので要領は同じだ。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図7
    [クリックで拡大]

     赤枠の最初の行の「ProfileImagePath」を開いたところだ。
    「%SystemDrive%¥Documents and Settings」が中に入っていることが判る。

     2行目も同じないようだ。最初の2行はネットワーク関連の情報のようである。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図8
    [クリックで拡大]

     ここは3行目を開いたところだ。
    見て判るとおり、ここではログオンIDごとのドキュメント領域を定義している。

     「%SystemDrive%¥Documents and Settings¥hogehoge」となっているが、これをDドライブに移したいときは、「D:¥Documents and Settings¥hogehoge」としてあげれば良い。

     ログオンIDの設定も含め、これらをセットで修正して再起動すれば良いことがわかる。

            ***
              ***

     次は、「Program Files」だ。こちらは比較的簡単だ。
    同様に、「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Microsoft¥Windows¥CurrentVersion」をRegEditから開いて欲しい。

    Documents and Settings レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図9
    [クリックで拡大]

     このように存在するはずだ。
    筆者が調べた範囲ではこの2つを直せばとりあえずは良いようである。

    Program Files レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図2
    [クリックで拡大]

     「CommonFilesDir」を開いた所である。。。
    (´・ω・`)

     %SystemDrive%が使われておらず直接C:¥となっている(´・ω・`)。

    Program Files レジストリ 操作 Cドライブ 容量不足解決 説明図3
    [クリックで拡大]

     「Program FilesDir」の中身を示す。
     この2つを他のパスに変更すれば良いことがわかる。

           ***
             ***

     とはいえ、レジストリの中身は、「C:¥Documents and Settings」「%SystemDrive%Documents and Settings」「C:¥Program Files」の嵐だ。。。Windowsの要点だけ抑えてもガソリンスタンドでタバコを吸うようなものだと思う。

     「C:¥Documents and Settings」「C:¥Program Files」フォルダをSDHC/USBにしてしまい、他の設定との整合性を高めた方が堅実であると筆者は判断している。

    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ
    ※f2dはバージョンアップしてプチフリバスターに統合されました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM