ASUS Eee PC S101H ハードディスクモデルの分解 比較 レビュー No3 解体編

0
    ASUS Eee S101H 分解 マザーボード
    [クリックで拡大]

     S101Hをバラバラに分解したのであるが、、、
     このページの初出はデジカメ昇天で呆けきっていた。。。
    本日画像を全て取り直し、画像をリニューアルした。
    ASUS Eee PC S101H 背面の分解方法1
    [クリックで拡大]

     S101の背面図だ。ここではすでに、HDDを外しているので注意。
     分解にあたり、次ぎの事をしておく必要がある。次ぎの4つを忘れると後でつっかかり筐体を壊しやすい。忘れず実施しよう。

    ■SDHCのダミーカードを必ず抜くこと。
    ■HDDを必ず抜くこと。
    ■バッテリを必ず外すこと。
    ■WiFiカードのアンテナを外すこと。

    ASUS Eee PC S101H 背面の分解方法2
    [クリックで拡大]

     HDD接続ケーブルフィルムの裏にもネジがいるので注意。
     ネジは全部で、、、

    ■バッテリ、HDD裏に中ネジが10本いる。長さ中。
    ■このほか、長ネジが5本。

    ASUS Eee S101H 分解 キーボードの外し方1
    [クリックで拡大]

     上面図。次に、キーボードを外す。
     キーボードの上

     F11キーの上を良く見て欲しい。クラッチが在る。
    このクラッチがツメになってキーボードを引っ掛けている。マイナスドライバで上に押し上げキーボードを手前に引っ張り外す。
     このクラッチは全部で4つあるのでそれぞれ行う。

    ASUS Eee S101H 分解 キーボードの外し方2
    [クリックで拡大]

     さらにアップした所。判り難いと思う。次にキーボードを外した図を示すのでこちらを参考にすれば直感的に判りやすいだろう。

    ASUS Eee S101H 分解 キーボードの外し方3
    [クリックで拡大]

     赤枠で囲んだところを良く見て欲しい。このようなクラッチが4つある。このクラッチは小型のマイナスドライバで上に押してあげれば引っ込み、キーボードへのフックを解除できる。クラッチを押し上げ慎重にキーボードを浮かす。これを各クラッチに対して行う。

     ラボで調査したS101Hは、クラッチで簡単に止っていた。過去の経験ではキーボードが両面テープで貼り付けている場合があるから注意して欲しい。この場合は慎重かつ強引に剥がす必要がある。とはいえムリは禁物だ。


    ASUS Eee S101H 分解 方法 キーボードを外した後 背面画像
    [クリックで拡大]

     キーボードを外したところ。キーボードは手前に引っ張り倒している。

    ASUS Eee S101H 分解 方法 キーボードコネクタ 外し方
    [クリックで拡大]

     キーボード固定のコネクタ。カンチレバー式なので注意。
    白いカンチレバーを上に跳ね上げる方式だ。

    ASUS Eee S101H 分解 タッチパネルの配線
    [クリックで拡大]

     キーボードを外したところ。キーボード接続コネクタ、タッチパネル接続コネクタのUp画像。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 ネジを外す<br />
    [クリックで拡大]

     キーボードを外したところ。
     ここでネジを外す。
     8本ある。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 分解したキーボード 表
    [クリックで拡大]

     キーボードの画像。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 分解したキーボード 裏
    [クリックで拡大]

     キーボードの背面画像。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 空冷ファンのアップ画像
    [クリックで拡大]

     空冷ファンのところのUp画像。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 封印シール
    [クリックで拡大]

     お約束の封印シールの画像。シールの下にネジがいる。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 殻剥き1
    [クリックで拡大]

     殻剥きの要領。
     筐体の隙間にテレカ、メンバーズカードを差込スライドさせる。筐体の勘合部がこれで簡単に外れる。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 殻剥き2
    [クリックで拡大]

     この時の要領は、モニタのフタを20度くらいの角度で開ける事。あまり大きく開くと、フタの蝶番の箇所の筐体を外せないので注意。

    ASUS Eee S101H 筐体の分解 殻剥き3
    [クリックで拡大]

     筐体を一通り外すとこのような感じになる。
     もう一丁、角度を変えて撮影。
    右からノートのフタ、筐体上部、筐体底部となる。

    ASUS Eee S101H 分解 上部筐体の画像
    [クリックで拡大]

     筐体を外した所。
     筐体上面とモニタは結合している。

    ASUS Eee S101H 分解 下部筐体の画像
    [クリックで拡大]

     筐体下部の画像。
     コネクタをここで外しておく。画像を良く見て欲しい。
    ■コネクタが2つある。
    ■バッテリ接続用のコネクタが1つある。

     バッテリコネクタはマザーボードの背面なので外し難ければ後回しにする。あるいは、コネクタはそのままにしてバッテリを止めている両面テープを剥がしても良い。

    ASUS Eee S101H 分解 下部筐体 マザーボードのネジ止め コネクタを外す
    [クリックで拡大]

     赤枠で囲んだところにネジがいる。
    下部にはマザーボードがネジ止めしている。

     慎重にネジを外して欲しい。思わぬ所にネジが隠れているので慎重に探して欲しい。

    ASUS Eee S101H 分解 下部筐体 マザーボードのネジ止め 外す
    [クリックで拡大]

     剥き出しになったマザーボードの画像。
    見たところS101のSSDモデルほぼ同じだ。
     HDDのベンチなどを見る限り、同一とはとても思えないが同系統のマザーボードであることがわかる。

    ASUS Eee S101H マザーボードの表画像
    [クリックで拡大]

     マザーボードの反対側の画像。

    ASUS Eee S101H マザーボードの裏画像
    [クリックで拡大]

     筐体下部の画像。

    ASUS Eee S101H 筐体下部のディティール1
    [クリックで拡大]

     左側にバッテリが見える。

    ASUS Eee S101H 筐体下部のディティール2 BlueTooth ユニット
    [クリックで拡大]

     こちらは右側。ブルーツゥースユニットがここにいる。
    SSDモデルのS101とはレイアウトが変わっている。SSDモデルでは斜に筐体側面に貼り付けていたが、HDDモデルになり十分な厚みが出来たためにこのように配置できたようである。

    ASUS Eee S101H 筐体下部のディティール3 BlueTooth ユニットの拡大
    [クリックで拡大]

     ブルーツゥースユニット箇所を拡大する。ブルーツゥースユニットそのものも薄型の物のようである。

    ASUS Eee S101H 筐体下部
    [クリックで拡大]

     筐体下部の外側。

    ASUS Eee S101H 筐体上部のディティール
    [クリックで拡大]

     筐体上部の背面の画像。

    ASUS Eee S101H 筐体下部のディティール4 タッチパネル周辺の配線
    [クリックで拡大]

     タッチパネルの接続ケーブルフィルムのところの拡大画像。


    [クリックで拡大]

     おっと、これは撮影したのでアップするが意味なし。
     S101Hのウリのロゴ。この箇所にはASUSはギミックのステッカーを貼っている。このモデルはHDDとハイブリッドでネット上のディスクが使えると謳っている。。。初心者は惑わされるかもしれない(´・ω・`)。

    ASUS Eee S101H WiFi無線LANカード 画像1
    [クリックで拡大]

     WiFi無線LANカード。SSDモデルのS101のものと同じようである。あるいは、701SD-XのWiFi無線LANカードと似ている。

    ASUS Eee S101H WiFi無線LANカード 画像2
    [クリックで拡大]

     カードをひっくり返した所。

    ASUS Eee S101H WiFi無線LANカード 画像3
    [クリックで拡大]

     WiFiカードが刺さっていた箇所のアップ画像。
     Eee PCの伝統(?)MiniPCI-Express形状のコネクタで接続している。

    ASUS Eee S101H 分解 HDD SATA インターフェースの接続部 FLASH CON 台
    [クリックで拡大]

     2.5インチのSATAのフィルムコネクタ部のUp画像。
    フィルムコネクタの接続部に注目して欲しい。

     このコネクタのあるところは、S101のSSDモデルはここに、MiniPCI-Expressカード形状のSSDが存在した。また、MiniPCI-Expressコネクタを接続するためのコネクタをハンダ付けするための台を見て取れる。この箇所のインターフェースは同様のようである。

    Windows 高速化 プチフリバスター
    --->
    Eee PC高速化・SDHCのHDD化 プチフリバスター製品紹介ページ
    ※f2dはバージョンアップしてプチフリバスターに統合されました。

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    SSDの高速化ツール Eee PC SDHC HDD 化 フリーウェア プチフリ 退治 解決 根絶に、現象測定ツール USB/SDHCカードブートにより簡単バックアップ フリーウェア USBメモリ、CFなどの不良検出ソフト FeliCa で ログオン フリーウェア USBウィルス対策ソフト フリーウェア 無限乱数式暗号フリーウェア USB ブート 簡単メモリチェック

    TEST1

    USB ブート 簡単メモリチェック

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      USBブート拡散部
    • WindowsXPの自動デフラグ機能について
       
    • ASUS Eee PC 701 SD-X日本語版の分解・オーバービューその2
      小林
    • 工人舎PM PM1WX16SA レビュー カスタマイズ 高速化
      meme
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
    • ★暗号化 Eee Storage/YoStoreの120%活用法
      ひろちゃん
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      nick
    • f2dによるEee PC 901・4G-XのCドライブにSDHCを連結して容量を増大させる拡張 Part3.
      NAO
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      KyonKyon
    • PBTM v0.1・起動USBによるEee PC・ネットブックのお手軽バックアップシステムを作る
      kouichi

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM